コラム・小説・エッセイ

ショートエッセイ

ホットアイマスクがすばらしい睡眠体験を【ウソみたいな本当の話】

 私にはずっと悩みがありました。それは「寝付きが悪い」こと! 毎晩布団に入ってから、1〜2時間は眠れずにウダウダしています。  睡眠ってとても大切なことなんですよね。睡眠が1時間減っただけでも、翌日の仕事の効率がかなり下がります。  事実、私は睡眠時間が短いせいで、...
ショートエッセイ

【節約術】飲料水だけで年間13万1,400円!?我が家の財政難を解決してくれた浄水ポット

 ここ最近のコロナウイルス騒ぎにより、ますます日本の懐事情が厳しくなる今日この頃。我が家も当然財政難が続いており、家族の中でも「今月も赤字か…」と暗い会話が増えていました。  なんとか節約しなくては! この厳しい状況を打破するため、私はいろいろな節約を試しました。 ...
ショートエッセイ

まるで森の中にいるみたい。遠くから見える白い大きな塔が印象的なカフェ【北海道】

 まるで秘密基地のようなそのカフェに私が行ったのは、初めての出産をして4か月の頃。地元の同級生が誘ってくれました。  北海道新幹線の新函館北斗駅近く、七飯町仁山の森の中に「森の丘のcafe 青い空」はありました。遠くからも見える白い大きな丸い塔が印象的。  店内に入...
ショートエッセイ

ネット回線費用はバカにならない。毎月3,000円ほどお得になる<テザリング>

 つい最近、仕事の関係で東京に引っ越すことが決まりました。  北の大地で鍛え上げられた企業戦士の私が関東の最前線で遂に力を発揮すると思うと、体脂肪率18%の身体に血が滾たぎるのを感じました…。  しかし、北海道民の私としては東京で気になるのが物価の高さです。貰えるお...
ショートエッセイ

沖縄を代表するリゾートホテルへの旅。自然と未来のロマンを語り合う会話に【ザ・ブセナテラス】

「奥さんをゆっくり旅行にでも連れて行ってあげたら?」  主人の上司が、義理の両親と同居して子育てする私を気にかけて、粋な提案をして下さり、主人は沖縄を代表するリゾートホテルへの旅を計画してくれました。  楽しいはずの旅行も子連れでは多難で、空港では主人と連携がうまく...
ショートエッセイ

数々の戦闘シーンに、胸が搔きむしられた。でも、私に希望もくれた戦争映画

「自分の息子の最期が、こんな姿だったら…。想像もしたくない!」  2017年度アカデミー賞受賞作品『ハクソー・リッジ』で、メル・ギブソン監督が忠実に再現した戦闘シーンの数々を見て、私は胸が掻きむしられました。  と同時に私自身の弱さと向き合うことを迫られた作品でした...
ショートエッセイ

【クレヨンしんちゃん】映画嫌いな子どもだった私を変えてくれた大切な宝物

 子どもの頃、私にとって映画はつまらないものでした。2時間近くも拘束されて、つまらない映像を延々と観せられる。今まで観た映画が退屈なものばかりだったので、幼い私は映画の良さに気づけずにいたのです。  そんな私を映画好きに変えてくれたのが、クレヨンしんちゃんの劇場版でした。...
ショートエッセイ

トランスジェンダーの世界を知るきっかけになった映画【バレエも再開】

「草彅くん、演じてくれてありがとう!!」  日本アカデミー賞最優秀作品賞(2020年)に輝いた、草彅剛さん主演映画『ミッドナイトスワン』(内田英治監督)を劇場で見終わったとき、私は心の中で叫んでいました。  本作は、ショーパブで働くトランスジェンダーの凪沙(性自認は...
ショートエッセイ

お風呂が楽しめて仕事まで捗るアパホテル&リゾート〈東京ベイ幕張〉【夕食もすごい!】

 私はフリーランスで在宅ワークをしているのですが、家にこもっているとストレスが溜まりますよね。 「仕事続きで嫌だ! 外に出たい! 大きなお風呂に入りたい! ホテルに泊まりたい!」  しかし駆け出しのフリーランスである私に、お金があるはずもなく、旅行になんてとても行け...
ショートエッセイ

ダイエットだけじゃない!食費の節約にも嬉しい断食生活【知識ゼロは危険】

 僕はかつて太っていました。日々の疲れからか、食べすぎ飲みすぎにより身長168cmの体重は68kgをマークし、お腹は狸たぬきのように、ネックはだらしなくなっていたのです。  ダイエットをしようと思いましたが徹底した栄養管理は結構お金がかかりますので、一人暮らしにはちょっと...
ショートエッセイ

タイムアタック!時間制限を設けたことで、無駄遣いが大幅に減った【何が必要なのか】

 一人暮らしを始めたばかりの頃のこと。僕はスーパーが大好きでした。  店にあるものを自分の裁量で選び、自分だけが楽しめる。自由の渇望と独占欲を同時に満たされることに喜びを覚えたのです。  その日も目についた興味のあるものを手にとってはカゴに詰めていました。サトイモや...
ショートエッセイ

【節約術】行きつけの店を決めると、お金のコントロールがしやすくなった

 憧れますよね、行きつけって。  いつでも賑やかな地元の常連客、仕事が上手くいかない時に優しく声をかけてくれる女将、のれんの向こうで見つめてくる大将の鋭い瞳、日本のわびさびがそこにあると言っても過言ではないでしょう。  それに常連になると言えるセリフも魅力です―――...
ショートエッセイ

防災用に購入したランタンライト。今では我が家のマストアイテムに!

 2020年3月、コロナの一斉休校で幼稚園が休園になりました。親子ともに誰とも遊べない不自由な生活。  でも幼稚園が再開するまでの3か月間、長男は親が感心するほど<おうち時間>を満喫していました。  彼が得意なのは物づくり。紙と段ボールで、初めはロケットと指令用のコ...
ショートエッセイ

【ポータブルテレビ】大きな公園に遊びに行くときも、パパが夕食を作ってくれるときも

「パパ帰ってきたよー! ニュースかけてね」  私が声をかけても、子どもたちは面白いアニメをやっているとテレビを譲りません。本当なら主人の観たい番組を大型テレビでかけるのが、家庭の中で父親を尊重するということだと思うのですが、そのようにはまだしつけ切れていません。  ...
ショートエッセイ

子育てと自分磨きを両立させてくれたBluetoothイヤホン【シンプルで安い】

「私だって自分磨きしたいんだよ!」―――また子どもの前で言ってしまった。  3歳と5歳の母。私の日常は、かつての時間を惜しんで英語や時事の勉強をしていた〈充実〉した20代とはほど遠い〈無意味な繰り返しに思える〉毎日でした。  日に幾度となくテーブルから落とされる牛乳...
ショートエッセイ

意外と安く手に入れられたロボット掃除機【仕事に行く前に、ピッと押すだけ】

 新居に引っ越した私。一人暮らしで、間取りは1LDK。18畳ほどある部屋で、あまり物を置きすぎないようにしようと決めました。  今まで何度か引っ越しを経験しましたが、もっと狭い部屋だったり、物を捨てるのが苦手ということもあり、なかなか掃除の行きわたらない生活を10年程して...
ショートエッセイ

【粘着ラバー】壁に穴を開けられないけど、トイレだけは趣味全開の空間にしたい

 賃貸物件に住んでいる私。どこの物件も基本的に壁に穴を開けてはいけないことになっていると思います。私が借りている部屋も、そう決まっています。  ポスターを貼りたいけれど、押しピンは挿せない。両面テープでは落ちてしまう。かといってあまりに強力なテープを使うと、外す際に綺麗に...
ショートエッセイ

可愛い母を亡くして気づけた生死の厳しい不文律【死は絶対の別れ】

 本当なら心躍る季節の初夏に、母が亡くなってしまいました。可愛い人でした。  長寿の家系で女性はみな100歳以上生きていたので、母も長生きすると信じていました。家庭を持たない私にとって、母は母親、戦友、時には我が子でもあり、仕事に苦しむ私の防波堤でした。  他県に職...
ショートエッセイ

電車の通過音と朝のアラーム音。どちらも解決してくれたスタイリッシュな耳栓

 駅から徒歩5分、綺麗で家賃も安めの良物件に引っ越した私。新生活にワクワクしていました。  引っ越して最初の夜。引っ越し作業に疲れた私は、ベッドに入りました。なかなか眠れない…。そう、踏切の音と電車が通過する音です。  私の家のすぐ横に踏切があり、カンカンと鳴り響く...
ショートエッセイ

過干渉な父から離れたくて始めた一人暮らし【借金が150万円まで膨れ上がる】

 当時20代半ばだった私。同棲していた彼と別れてしまったため、家を出なければいけない状況に陥っていました。  そんなときに、中学生の頃から離れていた父と連絡を取る機会があり、私が一人暮らしの資金を貯めるまでの半年間、父と2人で狭い1Kのマンションに住むことになりました。 ...
ショートエッセイ

【豹変男】成績表が返ってきた頃から、彼の態度が急に変わってくる

 大学院留学時代のこと、学問も大学生活も楽しいが、研究者としての将来には大いに不安がありました。そんな時同じ日本人の学生(男性)が、悩み相談や休んだ講義のノートを貸してくれたりと、いつしか心強い味方のようになっていました。  故郷は田舎だけど大学が大阪の私学だったからと関...