【18選】Ado『うっせぇわ』を歌ってみた芸能人・有名人【中毒メロディー】

音楽
<スポンサーリンク>

再生回数1億回を突破しているAdoさんの『うっせぇわ』は、Billboard Japan Hot 100で総合1位に輝くなど、10代から20代前半の若者を中心に注目を集めています。ストレートな歌詞や中毒性のあるメロディーが特徴で、ついつい何度も聞いてしまうという人も!

またAdoさんの大人っぽい歌声を評価する人も多く、その点からもリピーターが続出していますね。女優やYouTuberなどの芸能人や有名人も歌ってみた動画を上げていて、それもまた何十万、何百万という再生回数を記録!そこで今回は『うっせぇわ』の歌ってみた動画を厳選して紹介していきます。

<スポンサーリンク>

「うっせぇわ」とは?

一度聞いたら耳に残る中毒メロディー

女性シンガー・Adoさんが歌う『うっせぇわ』は、非常に中毒性のある歌詞やメロディーが特徴です。2020年10月23日にYouTubeに公開されて以降、驚異的なスピードで再生数が伸びていて、約5か月後には1億回を突破しています

一度聞いたら耳に残るような歌声やメロディーになっていて、TwitterなどのSNSでも大きな反響を呼んでいますね。特に10代から20代前半の若者から支持され、社会への不満などを綴った歌詞に共感する人も多いようです。

Adoさんは2002年生まれの女性ミュージシャンで、どこか大人っぽい色気のある歌声の持ち主。非常にストレートで毒舌な歌詞からだけではなく、Adoさんの力強い歌声からも迫力を感じられるでしょう。顔出しはしていなくて、MVはアニメーションのようになっていますね。

プロフィール(Ado)

歌手。2002年10月生まれ。東京都出身。クラウドナイン所属。

【うっせぇわ】歌ってみた芸能人・有名人

Adoさんの『うっせぇわ』を歌ってみた芸能人や有名人を取り上げていきます。それぞれのプロフィールや書籍情報なども併せて紹介しています。

ヴァンゆん(YouTuber)

メンハラverに歌詞をアレンジ!

昨年スタイルブック『ヴァンゆんの万有引力』を発売した人気YouTuberコンビ・ヴァンゆん。ヴァンビさんとゆんさんの男女2人組で、チャンネル登録者は200万人を越えています。最近はアパレルブランド・UNVAMYを立ち上げるなどの活動も!

上原亜衣(YouTuber)

元気をもらえる力強い歌声

もともとセクシー女優として活動していた上原亜衣さんは、2019年8月にYouTubeチャンネルを開設。チャンネル登録者は60万人を超えていて、『うっせぇわ』以外にも歌ってみた動画を上げています。『すべてを手に入れる女は飾らない』などの書籍も発売。

エミリン(YouTuber)

ボイトレにより歌唱力が上がっていく

チャンネル登録者数150万以上を誇るエミリンさんは、お笑い芸人として活動していた時期もある人気YouTuber。アパレルブランド・EDNA(エドナ)をプロデュースしたり、初エッセイ『ここは負けても死なないテーマパーク』を発売したりするなど、多方面で活躍されています。

おばたのお兄さん(芸人)

小栗旬とJ.Y. Parkとして歌ってみる

小栗旬さんのモノマネなどで知られるおばたの兄さん。最近はNiziUニジューを生んだJ.Y. Park(パク・ジニョン)さんのモノマネでも受けていて、今回の歌ってみた動画でも披露していますね。妻は、フジテレビアナウンサー・ 山﨑夕貴さん。

ガチャピン(キャラクター)

歌で癒されたい人におすすめ!

ガチャピンは着ぐるみの形で登場するキャラクターで、全身緑色で半開きで眠そうな垂れ目が特徴です。南国生まれのステゴザウルスの男の子、年齢は永遠の5歳という設定で、老若男女から愛されていますね。

クロちゃん(芸人)

クロちゃんならではの「しん」

お笑いコンビ・安田大サーカスでボケを担当するクロちゃんさん。スキンヘッドの強面ながら高い声の持ち主というギャップも魅力で、最近はクズキャラとしても人気を集めています。2019年には、初エッセイ『クロか、シロか。 クロちゃんの流儀』を発売。

桜井日奈子(女優/モデル)

歌声に加え、目力や表情でも魅せる

桜井日奈子さんは1997年生まれの女優で、YouTubeでは料理やダンス、バスケなどの動画を上げています。『ういらぶ。』『ママレード・ボーイ』『殺さない彼と死なない彼女』などの映画に出演。2018年より「桃太郎のまち岡山大使」を務めています。

佐竹正史(芸人)

安倍晋三が替え歌で歌ってみる

佐竹正史さんはお笑いコンビ・ビスケッティのボケ担当で、安倍晋三さんの口調や見た目を真似た芸で有名です。安倍晋三さん本人からも公認されており、今回の動画でもモノマネを披露しています。相方は、岩橋淳さん(ツッコミ担当)。

3時のヒロイン(芸人)

息が上がるほどに激しいダンス

3時のヒロインはかなでさん、福田麻貴さん、ゆめっちさんの3人組お笑いコンビで、「女芸人No.1決定戦 THE W」の3代目チャンピオン!今回の動画ではかなでさんとゆめっちさんが歌うだけでなく、即興で激しいダンスも披露しています。

サンシャイン池崎(芸人)

うっせえ芸人が『うっせぇわ』を歌う

「イエーイ!」や「ジャスティス!」などの絶叫で知られるサンシャイン池崎さん。今回の動画では歌詞をアレンジしていて、再生回数は300万回を超えています。2019年には、保護猫との生活を綴った『空前絶後の保護猫ライフ!池崎の家編』を発売。

田島直弥(芸人)

独特でシュールな世界観

田島直弥さんはお笑いコンビ・アイデンティティのボケ担当で、所属事務所は太田プロダクション。野沢雅子さんのモノマネで人気を集めていて、今回の歌ってみた動画でも野崎雅子さんで、かつ歌詞をアレンジして披露しています。相方は、見浦彰彦さん(ツッコミ担当)。

田中聖(歌手/俳優/タレント)

ワイルドでかっこいいラップ

男性アイドルグループ・KAT-TUNのメンバーとして活躍していた田中聖さん。2020年1月にYouTubeチャンネル・田中家ch【田中聖】を開設し、登録者数はすでに13万人を超えています。今回の動画ではテンポのいいラップも披露していて、どこかワイルドでかっこいい歌声が魅力ですね。

チョコレートプラネット(芸人)

「うっせぇわ」に乗じた斬新なコント

吉本興業所属のチョコレートプラネットは、松尾駿さん(ボケ)と長田庄平さん(ツッコミ)の2人組コンビ。「チョコプラ」の愛称で親しまれていて、特にIKKOさんや和泉元彌さんのモノマネで知られています。2019年には、絵本『TT兄弟のきえたTをさがそう!!』を発売。

てんちむ(タレント/YouTuber)

本家のような迫力を感じられる

てんちむさんは2016年9月からYouTube活動を始め、チャンネル登録者は160万人を超えています。役者やモデル、アイドルなどの活動歴もあり、男女を問わずに支持されている人気YouTuber。現在『TENCHIM』という写真集が予約受付中です。

ハリウッドザコシショウ(芸人)

まったく似ていないのに面白い

ハリウッドザコシショウさんはR-1ぐらんぷり2016の王者で、大袈裟過ぎるモノマネなどのインパクトのある芸で人気に。YouTubeチャンネルは2009年に開設していて、3分以内の短い動画が多いのも特徴です。松本人志さんプレゼンツの『ドキュメンタル シーズン7』などに出演しています。

フィッシャーズ(YouTuber)

メンバー5人で歌う「うっせぇわ」

チャンネル登録者数660万人以上を誇る人気YouTuber・フィッシャーズ。優秀な配信動画クリエイターに贈られる賞・Streamy Awards(アジア太平洋部門)を受賞していて、2017年には人気YouTuber・アバンティーズとコラボした『オフィシャルファンブック』を発売しています。

ヘラヘラ三銃士(YouTuber)

「歌がうまい」という声が続出!

ヘラヘラ三銃士はありしゃんさん、さおりんさん、まりなさんの女性3人組YouTuberで、チャンネル登録者数は100万人を越えています。先日には、スタイルブック『時代はヘラヘラ三銃士』を発売。ありしゃんさんも『ありしゃんがうっせぇわ歌ってみた』で歌声を披露しています。

四千頭身(芸人)

日本一声を張らない「うっせぇわ」

ワタナベエンターテインメント所属の四千頭身は2016年に結成されたお笑いコンビで、メンバーは石橋遼大さん、後藤拓実さん、都築拓紀さんの3人。脱力系漫才やシュールなツッコミで人気を集めていて、チャンネル登録者数は70万人を超えています。

まとめ

Adoさんが歌う『うっせぇわ』は中毒性のある歌詞やメロディーが特徴で、再生回数は驚異的なスピードで1億回を突破しています。さまざまな芸能人や有名人が歌ってみた動画を上げていて、いろいろとアレンジを加えたりしているため、また違う楽しみ方ができるでしょう。

この記事を書いた人
モノカフェ編集部

本・書籍、映画・ドラマ、旅行・グルメを中心としたエンタメ情報を発信しています。さまざまなライターが執筆中!随時募集しています。

\モノカフェをフォローする/
音楽
\この記事をシェアする/
<スポンサーリンク>

※商品画像は楽天、またはAmazonより引用しています。クリックすると、各販売商品ページに移ります。※価格は記事公開時点での表記となります。セール等により異なる場合がございますので、詳細は各公式サイトにてご確認ください。

Monotone Cafe(モノトーンカフェ/モノカフェ)