子育てと自分磨きを両立させてくれたBluetoothイヤホン【シンプルで安い】

ショートエッセイ
<スポンサーリンク>

「私だって自分磨きしたいんだよ!」―――また子どもの前で言ってしまった。

 3歳と5歳の母。私の日常は、かつての時間を惜しんで英語や時事の勉強をしていた〈充実〉した20代とはほど遠い〈無意味な繰り返しに思える〉毎日でした

 日に幾度となくテーブルから落とされる牛乳の入ったコップ。爆弾のように飛び散った牛乳を隅々まで拭き取る。

「これで今日何回目!?」

 子どもを授かれたことには感謝しています。だから不満を言うのは申し訳ないことです。でも数か月に一度、あのセリフを言い放ってしまう…。私は子育てだけに専念するのには向いていない性格なのだと思います。

 何とかしなきゃと、あるときiPhone付属のイヤホンで家事の合間にNHKラジオ英会話を聴きました。蘇ってきた懐かしい充実感。

 耳でなら、子育て中でも勉強できる―――もう嬉しくなって、今度は耳で聴くオーディオブックの存在を知り、2か月間で31冊の本を聴きました。

 勉強ができるようになると、心が満たされ、子どもの前でも精神的な落ち着きを取り戻すことができました。

 ところが、「ブチッ! ボトッ!」―――ズボンのポケットにスマホを入れてイヤホンで聴いているのですが、台所を右へ左へ動きつつ料理をしていると、コードが戸棚の取っ手に引っかかり、何度も外れてスマホが床に落ちるのです!

 ワイヤレスイヤホンを買おう―――私は決断しました。

 ジョーシン電機のワイヤレスイヤホン売り場には、色とりどりで機能もさまざまな商品。機能がシンプルで安いのを探し、エレコムの「Bluetoothイヤホン」を購入しました。左右をつなぐネックバンドがあるタイプです。

 初めはBluetoothの接続に戸惑いましたが、今は毎朝一番にイヤホンを耳につけささっとBluetoothに接続し、スマホをカウンターに置いたまま、家事に子どもの世話に動き回ります。

 長時間つけると耳が悪くなるのと、子どものささいな変化に気付けるよう、片耳だけイヤホンをして30分くらいで左右交代します。

 子どもの話を聞くときは両耳とも外し、聴診器のように首から下げます。すると、ちゃんと子どもと向き合えるのです。これには完全ワイヤレスでないほうがむしろ都合が良いです。

 子育てと自分磨きの両立―――私はBluetoothイヤホンで手に入れることができました。

この記事を書いた人
美海(mimi)

WEBライター。1978年北海道生まれ(兵庫県在住)。趣味:クラシックバレエ/映画鑑賞。学習塾英語講師、介護士を経てライターに。バレエは25歳から。L'Arc〜en〜Cielファン。二児の母。

\モノカフェをフォローする/
ショートエッセイ
\この記事をシェアする/
<スポンサーリンク>

※商品画像は楽天、またはAmazonより引用しています。クリックすると、各販売商品ページに移ります。※価格は記事公開時点での表記となります。セール等により異なる場合がございますので、詳細は各公式サイトにてご確認ください。※豆知識やプチ情報等は編集部にて加筆している場合があり、担当ライターの意見や興味等とは一切関係ございません。

Monotone Cafe(モノトーンカフェ/モノカフェ)