ダイエットだけじゃない!食費の節約にも嬉しい断食生活【知識ゼロは危険】

ショートエッセイ
<スポンサーリンク>

 僕はかつて太っていました。日々の疲れからか、食べすぎ飲みすぎにより身長168cmの体重は68kgをマークし、お腹はたぬきのように、ネックはだらしなくなっていたのです。

 ダイエットをしようと思いましたが徹底した栄養管理は結構お金がかかりますので、一人暮らしにはちょっと難しい。

 いろいろと悩んだ末、僕は断食生活を敢行することにしました! 本当に食べないで大丈夫なのかと不安はありましたが、背に腹はかえられません。

 断食をするときに気をつけなくてはいけないのは水分と運動です。断食といえど水分を摂取しないとお肌や内臓に悪いですし、何より脱水症状になる可能性があります。また、運動も考えものです。何も食べないので、動いてしまうとエネルギーが足りなくなり、これまた身体に悪いのです。

 そうやって食べなかったり最低限のものを食べたりする生活を送っていくと、あることに気づきます。

あれ? なんか身体の調子いいし、作業も捗ってるぞ!?

 最初の不安を打ち消すほどに、やることが片付いていくのです。よくお腹が空いているときは集中できるから勉強に最適なんて言いますが、まさにその通り! 空腹は集中の元だったのです! そしてもう一つ嬉しいことが…。

 そう、食費の節約です!

 およそ2か月断食をしましたが、ひと月2万円程度で収まりました! 2万円は最低限の栄養を摂るためにヨーグルトなどに使った感じです。

 そうして最終的にきっかりダイエットに成功し13kgも落とすことができました。

 断食と聞くと辛さばかりが目立ってしまいますが、その先には自分の理想の姿やそれに伴う節約などのいいことがたくさんあるので、ダイエットと節約をしたい人はやってみるといいかと思います。

 ちなみに、何の知識もなく断食をやるのは危険なので、僕は鍼灸院Harriet Ginza(ハリエットギンザ)総院長の関口賢さんの著書『月曜断食』を読んでやりました。

書籍情報

出版社文藝春秋(2018/1/26)
ページ数189ページ
ジャンル美容
受賞・候補歴
 メディアミックス
この記事を書いた人
北原

舞台やコント、紹介比較記事、漫画シナリオの執筆をしています。最近の趣味は斬新なポーズでベッドに飛び込むことですが、いつものように飛び込んだらベッドの骨組みが折れました。写真はお気に入りのフリー画像です。

\モノカフェをフォローする/
ショートエッセイ
\この記事をシェアする/
<スポンサーリンク>

※商品画像は楽天、またはAmazonより引用しています。クリックすると、各販売商品ページに移ります。※価格は記事公開時点での表記となります。セール等により異なる場合がございますので、詳細は各公式サイトにてご確認ください。※豆知識やプチ情報等は編集部にて加筆している場合があり、担当ライターの意見や興味等とは一切関係ございません。

Monotone Cafe(モノトーンカフェ/モノカフェ)