【豹変男】成績表が返ってきた頃から、彼の態度が急に変わってくる

ショートエッセイ
<スポンサーリンク>

 大学院留学時代のこと、学問も大学生活も楽しいが、研究者としての将来には大いに不安がありました。そんな時同じ日本人の学生(男性)が、悩み相談や休んだ講義のノートを貸してくれたりと、いつしか心強い味方のようになっていました。

 故郷は田舎だけど大学が大阪の私学だったからと関西弁しか使わず、それが骨太な彼には似合っていましたね。不思議にも小粋なレストランをよく知っていて、学生にはかなりの額なのに必ず奢ってくれ、いつしか私たちは付き合っていました。

 しかし結婚の話が出る前後の頃、成績表が返ってきました。彼はオールB、私はオールAかA+。

 その頃から彼の態度が変わっていき、私の論文をこき下ろし「相手はプロやで、勝てる思っとるんか」とか、私の実家を「大阪にくらべたら山ん中や、挨拶だけで帰るで」と言い、彼自身が田舎コンプレックスで関西弁を使っていることに気づきました。

 ある日を境に「割り勘やで」と、なんと1セントまで割り勘にするようになり、私は「や~めた!」と心中でつぶやきました。私は好きなら何でもとことん我慢するけれど、「もう限界!」となったらプロセス一切抜きで突然やめる性格です。これは趣味でも友人でも同じ。良くないとわかっているけど直らない。

 だからこの時も「この豹変、故郷を偽る関西弁? 成績表で嫌がらせ?」と、私はカフェで「別れよう」と早足で家に帰ると、彼が追ってきて泣きながら「待って、待って、どないしたん?」とすがりつくので「この辺2度とうろつくな、見かけたら通報するから」と締め出し本当にしつこかったので警察に通報すると、以降完全に追い払うことができました

 今思うと一度は縁あって結婚も考えた相手なんだから、警察に任せる前にもう少し人間味のある別れ方をすべきだったかもしれないとも感じます。相手が最初頑張っていた分だけ、理由くらい言ってもよかったかな。

 それがたとえ「自分のアイデンティティを誤魔化すな!」、「成績が悪いのはお前の勝手だ、自分で面倒見ろ!」、「ドケチ! 1セントまで割り勘なんて異常だ!」という罵り言葉でも、ちょっとエネルギー放出しても説明してあげるべきだったかもしれません。あるいは雨降って地固まったかも?

 人生のわずかな期間でもパートナーだったんだから。

この記事を書いた人
hime

国内外一人旅、海が好き、ダイビングも好き。高野山が好き、温泉大好き、珈琲大好き。ドラマはオンエア中は見ないで、評判を聞いてからソファに横になってタブレットで無料で見るのが好き。スパが大好き。ゴロゴロして本を読むのが大好きです。

ショートエッセイ
\この記事をシェアする/
<スポンサーリンク>

※商品画像は楽天、またはAmazonより引用しています。クリックすると、各販売商品ページに移ります。※価格は記事公開時点での表記となります。セール等により異なる場合がございますので、詳細は各公式サイトにてご確認ください。※豆知識やプチ情報等は編集部にて加筆している場合があり、担当ライターの意見や興味等とは一切関係ございません。

Monotone Cafe(モノトーンカフェ/モノカフェ)