【感想】YouTube『Win Win Wiiin』【カリスマ・ヒカルがゲスト出演】

お金② 映画・ドラマ・チャンネル
<スポンサーリンク>

先日、宮迫博之さんと中田敦彦さんによるトーク番組『Win Win Wiiinウィン・ウィン・ウィーン』の第4弾が公開されました。カリスマYouTuber・ヒカルさんがゲストとして招かれ、ゲーム実況者時代や今後の展望などについて語っています。中には、労働のしんどさを話す意外なシーンも!

中田敦彦さんの鋭い分析と熱いプレゼンも面白いので、ヒカルさんを詳しく知らない人でも楽しめますね。ゲーム実況者時代にも詰まっていた成功法則、なぜゲーム実況者をやめて実写チャンネルをはじめたのかなどからは、さまざまな学びを得ることができるでしょう。

<スポンサーリンク>

「Win Win Wiiin」とは?

宮迫博之と中田敦彦によるトーク番組

『Win Win Wiiin』は宮迫博之さんと中田敦彦さんがゲストを招き、ゲストの魅力や人生などを深掘りしていくというトークバラエティー番組です。YouTubeでありながらテレビ番組のようだとしても人気を集めていますね。中には、もはやテレビを超えているという声も!

現在までに第4弾までが公開されていて、第1弾では手越祐也さん、第2弾はキングコング・西野亮廣さん、第3弾は極楽とんぼ・山本圭壱さんがゲストとして出演しています。再生回数470万回を超えている動画もあるほどに人気があり、その後の打ち上げなどの様子が見られる動画も好評ですね。

また、中田敦彦さんならではの鋭く熱いプレゼンなどが面白く、たとえゲストについて知らなかったとしても楽しく観ることができます。第4弾ではカリスマYouTuber・ヒカルさんが出演し、イメージとは異なる意外な一面に触れることも!今後の新たな挑戦からは、さまざまな刺激も得られるでしょう。

【Win Win Wiiin】実際に観てみた感想

実際にヒカルさんが出演した『Win Win Wiiin』を観てみた感想を紹介していきます。

「元ゲーム実況者」という意外な過去

現在は当たり前のように実写チャンネルとして配信していますが、もともとはゲーム実況者として活動していたヒカルさん。ファンなら知っていたのかもしれませんけど、僕は薄っすらとしか知りませんでした。しかも、パワプロやドラクエ、モンスターハンターなどの幅広いゲームを!

また、この頃から綿密な戦略を立てていて、ただ単に好きなゲームを実況するわけではなく、SEOの観点から競合の少ないゲームを選び、登録者や再生回数が増えていくにつれ、徐々にメジャーなゲームに切り替えていくという戦略。

ヒカルさんは何てこともないように説明していましたが、中田敦彦さんは「YouTube時代の金言に溢れてる」と絶賛し、「冷静にして貪欲な戦略」と評価していましたね。ブルーオーシャン戦略、かつランチェスター戦略であるとして凄いと称賛!

また、ゲーム実況時代において、特に印象に残ったのが「大量投稿ですね。ヒカルさんは1日10本以上も配信していて、そのストイックさにすごく驚かされました。これだけ投稿し続けるストイックさがあれば、別にYouTuberでなくとも成功を収めそうですね。

モノカフェ編集部
モノカフェ編集部

動画では、「大量投稿」以外のYouTube戦略も解説されています。

YouTubeの成功にとどまらない「新たな挑戦」が凄い

実写チャンネルにしてからはより大きな成功を収めながらも、宮迫博之さんや手越祐也さんとコラボしたりして、どんどんとメジャーなYouTuberになっていきました。ただ、あのヒカルさんでさえも、宮迫博之さんとコラボする際は「これ大丈夫なのかな」と不安になったようですね。

そのエピソードも面白かったのですが、YouTubeの成功にとどまらない新たな挑戦のほうが印象に残りましたね。現在ヒカルさんはYouTuberとしてだけではなく、

  • アパレルブランド「ReZARD」
  • メンズ脱毛サロン
  • 遊楽舎ヒカル店(店長)

「僕自身が欲しい服作ろう」という軽い気持ちから想像以上に売れたのをきっかけに、現在はメンズ脱毛サロンを多店舗展開しようとするまでに!自分のメディアを持ちながらリアルな店舗でも挑戦するという取り組みには刺激を受けましたね。YouTubeの成功にとどまらない挑戦心が凄いです。

モノカフェ編集部
モノカフェ編集部

中田敦彦さんは「これね、むかしでいうほんと紳助さんがやってた事じゃないですか」と仰っていますね。

ヒカルが携わっているビジネス(一部)

  • ReZARD
  • ヒゲ脱毛・全身脱毛のメンズ脱毛サロンRejehanne by Hikaru

なぜ挑戦し続けるのかが興味深い

ヒカルさんはもう十分に成功を収めていますが、新たに挑戦し続けているのは「影響力がとにかく欲しかった」と話しています。もっというと、「社会」と「大衆」の両方に影響を与えられる人間になりたいから

その例として、ダウンタウン・松本人志さんは大衆に影響を与える力をもっているけど、社会への影響力においては孫正義さんのほうが凄いという話をしています。つまり、ヒカルさんは何千億円の会社を動かしながらトップYouTuberであり続ける」を目標にしているのです。

自分とは3歳しか離れていませんが、そんな壮大な考えをもとに挑戦し続けている姿勢は純粋に凄いなあと感じましたね。多くの人が憧れるプレイヤーとしても、経営者としても一流というのを、ヒカルさんは遠くない未来に成し遂げているような気も!その後の話も意外性があって面白かったですね。

モノカフェ編集部
モノカフェ編集部

動画の終盤では、労働や有名税などについて話しています。また、本編以外にも牛牛での打ち上げ動画が配信されていますね。

まとめ

『Win Win Wiiin』は宮迫博之さんと中田敦彦さんによるトーク番組で、先日公開された第4弾ではヒカルさんがゲスト出演しています。今後のビジネス展開などについて語っていて、さまざまな学びや刺激を得ることも!また、ヒカルさんのイメージが変わるところもあるかもしれません。

この記事を書いた人
エラシコ

WEBライター。1994年神奈川県生まれ。趣味:読書/サッカー/映画鑑賞。好きな作家:東野圭吾/アガサ・クリスティー/ヘミングウェイ。好きな芸人:千鳥/オードリー/ダウンタウン。現地でクラシコを見るのが夢。

映画・ドラマ・チャンネル
\この記事をシェアする/
<スポンサーリンク>

※商品画像は楽天、またはAmazonより引用しています。クリックすると、各販売商品ページに移ります。※価格は記事公開時点での表記となります。セール等により異なる場合がございますので、詳細は各公式サイトにてご確認ください。※豆知識やプチ情報等は編集部にて加筆している場合があり、担当ライターの意見や興味等とは一切関係ございません。

Monotone Cafe(モノトーンカフェ/モノカフェ)