【体験談】実際に「Uber Eats」で注文した感想【自宅近辺でも意外と知らない店がある】

旅行・グルメ
<スポンサーリンク>

2016年から日本でもサービスを開始した「Uber Eats(ウーバーイーツ)」は、オンラインフード注文・配達プラットフォームです。スマホなどから注文すると、配達員が自宅まで届けてくれるため、家でも手軽に豪華な料理を楽しむことができます

ただ、注文は難しくないのか、お得なクーポンはあるのか、料理の崩れは大丈夫なのかなど、いろいろと気になるところもありますよね。そこで今回は、実際にウーバーイーツで注文してみた感想を紹介していきます。

<スポンサーリンク>

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」とは?

簡単に注文できるデリバリーサービス

Uber Eats(ウーバーイーツ)」は、アメリカの企業が立ち上げたオンラインフード注文・配達プラットフォーム。日本では2016年からサービスが開始され、さまざまなデリバリーサービスがある中で、かなり高い知名度を誇っています。

スマホやパソコンなどから店を検索し、自分の気になる料理を注文すると、配達員が自宅まで届けてくれます。大戸屋やマクドナルド、スターバックスコーヒーなどのチェーン店はもちろん、個人経営のおいしい店までも加盟しているので、たくさんの店から選べるのも魅力といえるでしょう。

中にはミシュランを獲得しているほどの人気店もあり、自宅でも簡単に豪華な料理を楽しむことができます。料理のジャンルも肉や寿司、中華、ピザ、スイーツ、ラーメン、ハンバーガーなどと幅広く、一度登録さえすれば、ほぼすべてのジャンルから気分などに合わせて選べるのも魅力です。

また他のデリバリーサービスと比べ、対応店舗数が多かったり、クーポンが充実していたりするので、初めての人にもおすすめできるデリバリーサービスです。特に初回で使えるお得なクーポンを使えば、実際に店に行くよりも安く食べられるケースもあります

料金

  • 商品代:料理などにかかる料金
  • サービス料:商品代の5~10%(レストランの配達員である場合はなし)
  • 配送手数料:50円~(地域などにより異なる。平均は350円前後)
モノカフェ編集部
モノカフェ編集部

その他にも「少額注文における手数料」と「(ご支援)チップ代」があり、少額注文における手数料は注文が700円未満だった場合に一律150円が発生します。(ご支援)チップ代は配達員を応援するための任意によるお支払い代です。

お支払い方法

  • PayPay
  • LINE Pay
  • Apple Pay
  • 現金(代引き)
  • デビットカード
  • クレジットカード

【Uber Eats】実際に注文した感想

実際に「Uber Eats(ウーバーイーツ)」で注文した感想を紹介していきます。

注文が簡単で30秒ほどで頼める

ウーバーイーツで注文する流れは、楽天市場やAmazonなどでのネットショッピングと大きく変わりません。「アプリなどで店を検索する⇒注文したい料理をカートに入れる⇒受け渡し場所などを確認し、注文を確定する」という流れになります。

会員登録や初期設定を済ませれば、店を決めるまでの時間を除き、1分もかからずに注文できます。ネット操作に慣れていれば、おそらく30秒もあったら頼めるでしょう。ただ、クーポンが適用されているかなども確認するためにも、最後の「注文する」というボタンが表示される画面は要チェックです。

注文確定後はクレジットカード情報などを登録しておけば、あとは自宅で待って届いたら受け取るだけです。受け取り方法として玄関先に置く(=置き配)」を選択していれば、配達員が玄関先に置いてくれるのを待つだけで、わざわざ顔を合わせる必要もありません。

モノカフェ編集部
モノカフェ編集部

ただ、置き配の場合は衛生面のリスクなども考えられるため、ウーバーイーツ用のボックスを用意している人もいます。配達員には「玄関前のボックスに入れてください」などと連絡することも可能です。

一度登録・設定さえしてしまえば、さまざまな料理を注文できるようになるため、誰かを家に招く際などにも便利なサービスです。最近は早朝や深夜でも配達してくれる店がたくさんあり、急に食べたくなったりしたときにすぐに頼めるのも魅力でしょう。

モノカフェ編集部
モノカフェ編集部

ウーバーイーツは最低注文料金が設定されていないため、ドリンク1つからでも注文できるのが特徴です。

会員登録や初期設定で入力する情報

  • 氏名
  • 電話番号
  • 配達先住所
  • メールアドレス
  • お支払方法(クレジットカード情報など)

注文が確定できない場合の考えられる原因

  • 営業時間外
  • サービス対象エリア外
  • クーポンの利用条件が満たされていない
  • 配達先住所やクレジットカード情報などのの入力ミス
モノカフェ編集部
モノカフェ編集部

その他にも店舗の入店客数が多かったりして、店側がオフライン設定にしている場合もあります。

自宅近辺でも意外と知らない店がある

ウーバーイーツの魅力の一つに対応店舗数の多さがあり、有名なチェーン店はもちろん、個人で経営されているような店も加盟しています。そのため自宅近くの店を調べてみると、自宅近辺でも意外と知らない店がたくさんあり、ただ見ているだけでも「こんな店があるんだ!」と面白いですね。

過去にお肉専門店のステーキ丼を注文したことがあり、その店は(4年近く住んでいる)自宅から徒歩15分程度の場所にあったのですが、ウーバーイーツを利用するまではまったく知りませんでしたね。そのステーキ丼はすごくおいしかったので、もっと早くに知っておきたかったという気持ちにも…。

自宅近辺でも意外と活動エリアは限られていたり、食べログなどには表示されない店があったりするので、ウーバーイーツをきっかけに「こんな専門店があるんだ!」などの発見も。自分の家は住宅街で周りに店がないと思っていても、こじんまりとした個人経営店などが目立たないだけであったりします

実際に頼まなくともグルメ情報誌のように楽しめるのも魅力で、隣駅にある人気専門店などの情報も表示されます。もちろんウーバーイーツをきっかけに知った店に行くこともできるので、自宅近辺で飲み屋や料理屋などを探している人にもおすすめです。

ほんのりと温かくてすぐにでも食べられる

デリバリーサービスを利用する以上、料理の新鮮さや温度感はあまり期待していなかったのですが、過去に注文したステーキ丼は店で食べているかのように柔らかく、またほんのりと温かい状態で届いたので、そのまま食べてもいいほどの状態で驚きましたね。

そのときはよりおいしく食べるためにレンジを利用しましたが、人によっては温め直す必要もなかったでしょうね。もちろんタピオカミルクティーなどの冷たい飲食物も十分に冷えていて、特に冷蔵庫で冷やし直さずともおいしく味わえました。

ただ、スープ類やラーメンなどの熱々系は温め直したほうがよく、そのまますぐに食べたらぬるく感じてしまうので、レンジでチンする時間なども考慮したほうがいいでしょう。お肉系や丼ものなどは温め直さなくともいいかなあと少し迷うほどの状態で届きましたね。

料理の崩れはまったく気にならなかった

ウーバーイーツに限らず、デリバリーサービスの不満点としてよく挙げられるのが料理の崩れ。家に届いた際に中身を確認すると、料理がぐちゃぐちゃになっていたというケースも。あくまで個人的な経験ですが、今まで利用してきた中では料理がひどく崩れていたことはなかったですね。

ステーキ丼に関してはまったくといって気にならないほどで、そのまま家に招いた人に出しても恥ずかしくないレベル。お肉はご飯の山の上に乗っていたので、バランスを保つのが難しい料理でしょうが、綺麗に盛りつけられていました。わざわざ盛りつけ直す必要もまったくなかったです。

ただ、今までは配達員に恵まれていたともいえるため、なるべく料理の崩れが影響しないメニューから選ぶのがおすすめです。特にカレーやスープ、ラーメンなどの汁物系は崩れるどころか、容器から汁漏れしてしまうリスクもあり、場合によっては再度注文し直さなくてはいけないことも。

どの料理なら崩れを気にしなくてもいいのかは人にもよりますが、パンやサラダ、丼もの、ジャンクフード系などは比較的気にせずともおいしく食べられるでしょう。丼ものに関しては盛りつけ直しやすいメニューも多いので、ひどく崩れていたとしても別皿で綺麗にしたりすることが可能です。

モノカフェ編集部
モノカフェ編集部

あまりにもひどい場合はウーバーイーツの「お客様相談室(注文に関する相談)」に連絡すれば、再配達やクーポンによる返金などが認められるケースもあります。

初回に使えるクーポンがお得!

初めてウーバーイーツを利用する人は、初回限定クーポンが使えることが多いです。他のサービスは2,000円以上の注文で1,000円引きなどが多いですが、ウーバーイーツのクーポンはよりお得になっています。ちなみに僕は2,563円の注文に対し、2,500円もの割引が適用されました(実質63円)。

クーポンは条件などによって異なるようですが、特に初回はかなりお得になっていることが多いです。初回に限っては店で食べるよりも安くなるケースも珍しくなく、僕も配送料やサービス料などを含めて計63円で注文できましたからね。普通の店では何も食べられないぐらいの料金です。

もちろん初回ほどではありませんが、その後もクーポンは定期的に送られてきて、配送料が実質0円になるほどの割引が適用されます。現在は新規顧客獲得のために配布されていると考えられるため、クーポンの割引額が減ってしまう前に、なるべく早めに利用しておくのがおすすめです。

モノカフェ編集部
モノカフェ編集部

クーポンの利用方法としては、クーポンに記載されているプロモーションコードを入力する形になります。ちゃんと適用されているかどうかは、最後の注文確定画面で確認できます。

【Uber Eats】評判・口コミ

Uber Eats(ウーバーイーツ)」に関する評判や口コミを取り上げていきます。

【良い評価】おいしい/配送が早い/型崩れがない/初回クーポンが凄い/配達員の愛想がいい

【悪い評価】アプリが使いづらい/配達員の愛想がない/料理がめちゃくちゃ/割り箸が入っていない

モノカフェ編集部
モノカフェ編集部

配送の素早さや初回クーポンを評価する声が多い一方で、料理の型崩れやアプリの使いづらさなどを指摘する声もあります。

【Uber Eats】こんな人におすすめ!

特に「Uber Eats(ウーバーイーツ)」をおすすめする人の特徴を紹介していきます。

在宅ワーカー

在宅ワーカーの中には外出する必要がない分、日々同じような料理になってしまうという人も。ウーバーイーツは料理の手間を省けるのはもちろん、たくさんのメニューから選べるのも魅力です。料理の幅広いジャンルに加え、個人で経営しているおいしい店なども選択肢になります

自宅で豪華な料理を楽しみたい

ウーバーイーツにはミシュランを獲得しているほどの人気店もあるため、実際に店に行ったら並ばなくていけないレベルの料理も、家で注文して待っているだけで簡単に食べられます。配送料は店に行くまでの交通費と考えれば、人気店に関しては配送料が多少高くなったとしてもおすすめです。

また家族やカップルなどで店に行く時間はないけど、一緒に料理を味わいたいという人にもおすすめで、お家デートなどにも便利なサービスといえるでしょう。あまり有名ではない小さな店のメニューもおいしかったりするので、さまざまな料理を一緒に食べ比べてみるという楽しみ方もあります。

さくっと飲み食いできる量を頼みたい

ウーバーイーツは少額注文(700円未満)における手数料として一律150円かかりますが、注文最低金額が設定されていないのも大きな特徴。軽食やスイーツ、ドリンクなどだけの注文も可能で、早朝にスタバのコーヒーを飲みたい人や夜中にデザートを食べたい人などにもおすすめです。

さくっと飲み食いできる量だけを注文したい人はもちろん、そもそも多くの量を食べないという人にもおすすめで、注文最低金額を気にせずに今の自分にほしい量だけを頼めます。他のデリバリーサービスでは余ってしまうという人は、この機会にウーバーイーツを利用してみるのもいいでしょう。

まとめ

スマホなどから注文すれば、家でも手軽に豪華な料理を楽しめる「Uber Eats(ウーバーイーツ)」。人気店や個人経営店、有名チェーン店などが加盟していて、たくさんの料理から選べるのが魅力です。自宅近辺でも意外と知らない店があったりするので、ぜひチェックしてみてください。

この記事を書いた人
エラシコ

WEBライター。1994年神奈川県生まれ。趣味:読書/サッカー/映画鑑賞。好きな作家:東野圭吾/アガサ・クリスティー/ヘミングウェイ。好きな芸人:千鳥/オードリー/ダウンタウン。現地でクラシコを見るのが夢。

旅行・グルメ
\この記事をシェアする/
<スポンサーリンク>

※商品画像は楽天、またはAmazonより引用しています。クリックすると、各販売商品ページに移ります。※価格は記事公開時点での表記となります。セール等により異なる場合がございますので、詳細は各公式サイトにてご確認ください。※豆知識やプチ情報等は編集部にて加筆している場合があり、担当ライターの意見や興味等とは一切関係ございません。

Monotone Cafe(モノトーンカフェ/モノカフェ)