【体験談】「GRC」の特徴・魅力とは?【検索順位がすぐに一覧で分かる】

連載・コラム
<スポンサーリンク>

Google、Yahoo!、Bingの検索順位を追うことができる「GRC」は、SEO対策を考えているブロガーには打ってつけのツールです。ぽちっとボタンを押すだけで、「書評ブログ」というキーワードで3位、「洋画 おすすめ」で4位など、どこに記事が表示されているかが分かります。

また、昨日は14位だったけど、今日4位まで上がったという変動もチェックすることができます。僕はベーシックプランを使っていますが、月額450円で利用できるのも嬉しいポイントですね。検索語1語につき7秒ほどで順位を調べてくれるので、検索順位を追う手間に悩むこともなくなるでしょう。

<スポンサーリンク>

「GRC」とは?

GRCのロゴ
出典:検索順位チェックツールGRC

検索順位を調べて追跡する

2004年から提供された「GRC」は検索順位をチェックするオンラインソフトで、設定次第では起動するだけで自動的に調べはじめてくれます。自身で登録したキーワードで、主要な検索エンジンであるGoogle、Yahoo!、Bingで何位に表示されているのかを調べてくれるのです。

また、検索順位を追いはじめてからの変動もチェックすることができ、細かな順位変動はもちろんのこと、一時的に上位表示されているだけなのか、長期間安定して上位表示できているのかも知ることができます。

ベーシックプランは月額450円から利用することができ、およそ牛丼1杯分の値段で検索順位を調べる手間を減らせます。しかも、年払いを選択すれば、どのプランであっても2か月分もお得になるのも嬉しいポイントですね。

料金プラン

ベーシックスタンダードエキスパートプロアルティメット
月払い450円900円1,350円1,800円2,250円
年払い4,500円
(2ヶ月分お得)
9,000円
(2ヶ月分お得)
13,500円
(2ヶ月分お得)
18,000円
(2ヶ月分お得)
22,500円
(2ヶ月分お得)
URL数5505005000無制限
検索語数500500050000500000無制限
上位追跡5505005000無制限
リモート閲覧利用可利用可利用可利用可
CSV自動保存利用可

お支払い方法

月払い年払い
ライセンス期間1ヶ月1年
お支払い方法PayPal
(クレジットカードなど)
銀行振込
割引月払いと比較し、2ヶ月分お得
手数料銀行振込手数料
※振込先:三菱UFJ銀行
一括購入複数ライセンスの一括購入は不可
※1ライセンス毎に申し込み
複数ライセンスの一括購入も可
ライセンスキー発行までお支払いから10分程度着金、または先行発行の依頼から1営業日以内
ライセンス期間の開始ライセンスキーの発行時点からライセンスキーの利用開始から
更新方法PayPal決済による自動更新更新時にライセンスを再購入
モノカフェ編集部
モノカフェ編集部

お支払い方法は、月払いと年払いで異なっています。

「ライセンス」とは?

GRCのプランでは、「許可」の意があるライセンスという言葉が出てきます。あまり聞き慣れない言葉にも感じますが、Amazonプライムなどの月額サービスを利用するのとほとんど変わりません。

GRC(有料プラン)を利用する際は、

  1. GRCをダウンロード・インストールする
  2. プランを申し込む(=料金を支払う)
  3. ライセンスキーが発行される(GRCINFJsafnosaJSKKNFJsa343など)
  4. ライセンスキーを入力・登録する

ダウンロード・インストールしたGRCに、メールなどに記載されたライセンスキーを入力することで、有料プランを利用することが可能になります。有料プランの利用を許可するという意があり、特に審査があったりするわけではないので、ご安心ください。

【比較】他の検索順位チェックツールは?

GRCRank Tracker
料金プラン【ベーシック】月額450円
【スタンダード】月額900円
【エキスパート】月額1,350円
【プロ】月額1,800円
【アルティメット】月額2,250円
【Professional】年間149ドル(約15,000円)
【Enterprise】年間349ドル(約36,000円)
無料プラン
検索語500~無制限
検索エンジン3
(Google/Yahoo!/Bing)
400
(Google/Yahoo/Bingなど)
順位チェック速度
モノカフェ編集部
モノカフェ編集部

Rank Trackerのほうが機能的に優れていますが、その分料金が高くなっています。まずはGRCで試して物足りない場合に、Rank Trackerに変更するのがおすすめです。

【GRC】特徴・魅力

まずは、「GRC」の特徴や魅力を紹介していきます。

月額450円から利用できる

ベーシックプランは月額450円から利用することができ、URLは5つまで、検索語は500語までの登録が可能です。URLに登録するのは検索順位チェックの対象にしたいブログで、そのブログ内にある記事が何位に表示されているかを知ることができます。

当サイトでいうと、

  • 【URL】https://monotone-cafe.com
  • 【検索語】「洋画 おすすめ」など

つまり、「https://monotone-cafe.com」の中にある記事で、「洋画 おすすめ」という検索語において何位に表示されるのかが分かるのです。ちなみに、検索語は「洋画」でも、「洋画 おすすめ」でも、「Amazonプライム 洋画 おすすめ」でも、それぞれ1語としてカウントされます

もし明確な競合サイトがある場合は、そのサイトをURLに登録したり、上位追跡という機能を使ったりすれば、競合サイトの動向を追うことも可能になっています。アラート機能なども組み合わせれば、新たな競合サイトの出現を知らせてくれるのも特徴です。

検索順位をチェックする手間が減る

検索順位はGoogle Search Consoleを使っても調べられますが、どちらかというと、どんなキーワードで流入しているのかを知るのに便利なツールです。こちらでキーワードを指定するわけではないのに加え、毎日記事1つ1つを調べていたら相当な時間がかかるでしょう。

GRCを使えば、ただ起動するだけでも自動的にチャックをしてくれ、各検索語による順位を一覧表のように見られるのも魅力です。検索順位は毎日のようにチェックするべき点なので、いかに簡単に調べられるかも大切になってきます。

検索順位がSEO対策をする上で大切なのは分かっているけど、いちいちチェックするのが面倒になってきた人におすすめで、1度キーワードを登録さえしたらあとは起動するだけです。検索順位をチェックしている間は、もちろん他のPC作業を同時並行で進めることができます。

起動時に順位チェックをする方法

  1. 左上の「実行」をクリックする
  2. 「起動時に順位チェック実行」をクリックする
  3. 「GRC起動時に順位チェックを開始する」にチェックを入れる

「SEOライティング」を学ぶきっかけに

SEOライティングのテクニックを調べると、さまざまな意見が出てきて戸惑うところもありますよね。また、むかしは通用していたけど、今は時代遅れだといわれることも…。セールスライティングのような型があるわけでもなく、何がいいのかが分かりづらいところがあります

もちろん本や動画などで学ぶのも大切でしょうが、実際に記事を書いてみて何位に表示されているかを見れば、どれだけ自分のSEOライティングが通用しているのかを客観的に知ることができます。1度でも上位表示されれば、こういう記事が検索エンジンに評価されるのかと学ぶことも!

この点においてはWEBライターにもおすすめすることができ、どうして上位表示されたのか、どうしてされないのかを分析したりすることにより、SEOライティングを学ぶきっかけにもなるでしょう。客観的には評価しづらいSEOライティングスキルを数値的に見ることができるようになるのです。

ほとんどドメインパワーもないようなサイトにもかかわらず、しっかりと狙ったキーワードでの上位表示を獲得できていれば、SEOライティングをできるWEBライターといえるでしょう。

「リライト」のタイミングが明確になる

ブログを運営していると、どのタイミングでリライトしようかと悩みませんか。最初は新しい記事を書くことに力を注ぎますが、徐々に過去の記事をリライトしたくなってきますよね。ただ、今はリライトするべき時期なのか、まだ新たな記事を書き続けたほうがいいのかという迷いが…。

GRCを利用すれば、そこで得た検索順位をもとにタイミングを決めやすくなります。記事を公開してから3ヶ月経ったけど、指定のキーワードで10位に入っていない場合など。中には公開1か月後にトップ5に入っていなければ、すぐにリライトをする人もいるようですね。

もちろんリライトのタイミングは人それぞれですが、GRCで分かる検索順位(変動)がルールを決めやすくしてくれます。リライトのタイミングで悩んでいる人は、この機会に活用してみるのもおすすめです。

無料で試してみることもできる

GRCは検索語10語までなら無料で使うことができ、とりあえず1度試してみてから購入することも可能です。特にブログを開設したばかりで、記事数が10本にも満たないという人は、わざわざ有料プランに入る必要はありません。

まずはダウンロード・インストールして試してみるのがおすすめで、URLと検索語を登録して調べる以外にも、上位追跡や自動的に順位チェックをする設定なども確認しておくべき点です。有料プランを利用したくなった場合、最初はベーシックプランを選んだら問題ないでしょう。

【GRC】残念・注意点

次に、「GRC」の注意点などを取り上げていきます。

クレジットカード払いは「PayPal」の登録が必要

GRCはクレジットカードで支払うこともできますが(月払いのみ)、その場合はPayPalペイパルの登録が必要になってきます。PayPalは3億人以上が利用しているオンライン決済サービスで、ANAやGoogle Play、Microsoftなどの2500万以上の店で使えるのが特徴です。

PayPalアカウントを開設してクレジットカード情報を登録し(無料)、GRCの「ライセンス購入」から手続きを進めるという流れになっています。クレジットカード情報は相手に伝わらないので、安心して支払うことができるのは魅力です。

Macユーザーは「Rank Tracker」の利用者が多い

現在GRCはMacでも、Windowsでも利用することができますが、かつてはWindowsユーザー向けに作られていたのもあり、Macユーザーは他のチェックツールを利用していることが多いようです。

よく耳にするのが「Rank Tracker」で、Professionalプランの料金は年間299ドル(=約30,000円)です(2021年1月28日時点)。正直Rank Trackerのほうが機能的に優れていますが、しっかりと使いこなせるのかはユーザー次第なので、最初はGRCから検討してみるほうが無難といえるでしょう。

【GRC】こんな人におすすめ!

特に「GRC」をおすすめしたい人の特徴を紹介していきます。

50本以上の記事を書いている

記事数が50本を超えたあたりから、Googleに評価されはじめたという声が多いです。あくまで肌感ですが、たしかに50記事前後から少しずつ検索エンジンに表示されるようになりましたね。Bingではもう少し早くから表示されましたが、およそ50記事が1つの目安になるといえるでしょう。

また、50記事も書いていれば、キーワード選定の重要性も分かってきますよね。SNSからの流入を考えていない人は検索エンジンの評価がより大切になってくるので、ちゃんと狙ったキーワードで上位表示を獲得できているかをチェックするのは必須といえるでしょう。

ブログを開設してから半年が経っている

記事を公開してからGoogleに評価されるまで、一般的には3~6ヶ月ほどかかるといわれています。もちろんトレンドブログやニュースサイトなどの例外もありますが、僕も4~5カ月目あたりから検索エンジンに表示されるようになりましたね。

最初の3ヶ月間はGoogleに評価されていないわけではないといえますが、6ヶ月経っても検索エンジンに表示されなかったらリライトの必要も出てくるでしょう。ブログ開設から半年経っている場合は検索エンジンの評価も無視できないので、今すぐにでも導入することをおすすめしますね。

SEOライティングを学びたいWEBライター

SEOライティングは時によって変わるところがあったりして、なかなか客観的に評価しづらいスキルといえます。GRCを活用すれば、これらのキーワードで1位を獲得しましたというアピールにも繋がり、クライアントから信頼されるきっかけになる可能性もなくはないです。

もちろんSEOライティングを学ぶきっかけにもなるので、ブログを運営していないWEBライターにも意外とおすすめです。おそらくクライアントは何かしらの検索順位チェックツールを利用しているので、クライアントの視点を考えたライティングもできるようになるでしょう。

まとめ

GRC」はGoogle、Yahoo!、Bingの検索順位を調べてくれるツールで、特にSEO対策を考えているブロガーにおすすめです。ブログ開設から半年以上経っている場合はすぐにでも導入するべきでしょう。ただ起動するだけで自動的にチェックしてくれ、リーズナブルな価格で利用できるのも魅力ですね。

この記事を書いた人
モノカフェ編集部

本・書籍、映画・ドラマ、旅行・グルメを中心としたエンタメ情報を発信しています。さまざまなライターが執筆中!随時募集しています。

\モノカフェをフォローする/
連載・コラム
\この記事をシェアする/
<スポンサーリンク>

※商品画像は楽天、またはAmazonより引用しています。クリックすると、各販売商品ページに移ります。※価格は記事公開時点での表記となります。セール等により異なる場合がございますので、詳細は各公式サイトにてご確認ください。※豆知識やプチ情報等は編集部にて加筆している場合があり、担当ライターの意見や興味等とは一切関係ございません。

Monotone Cafe(モノトーンカフェ/モノカフェ)