【13選】快適な空間を作ってくれるおすすめ読書グッズ【ブックスタンドなど】

連載・コラム
<スポンサーリンク>

もっと快適な環境で読書を楽しみたいと感じたことはありませんか。すぐに集中が途切れたり、別のことを考えはじめたりしてしまい、結局本を読むのをやめてしまったというケースも…。特に集中力はささいなことでも切れたりするので、いかに没頭できる環境を整えられるかも大切になってきます

そこで役に立つのが読書グッズで、本を読むのに集中できる環境を作ってくれます。しおりやブックカバーなどの読書グッズはもちろんのこと、ビーズクッションやストロー付きタンブラーなどの本を読むのに適したグッズも取り上げているので、ぜひチェックしてみてください。

<スポンサーリンク>

快適な空間を作ってくれるおすすめ読書グッズ

快適な読書空間を作ってくれるおすすめグッズを紹介していきます。

サイドテーブル

飲み物などを置ける

サイドテーブルはソファやベッドで本を読む人におすすめで、ちょっとした物置スペースとして活用することができます。飲み物やリモコンなどを置くことができ、喉が乾いたり、エアコンをつけたかったりする際にも便利ですね。

ゴミ箱付きのサイドテーブルであれば、読書中に鼻をかんだティッシュなどもすぐに捨てることができます。読書中に限らず、いろんなシーンで利用することができるので、汎用性が高いアイテムともいえるでしょう。キャスター付きであれば、簡単に移動させることもできます。

しおり(ブックマーカー)

ちょっとした遊び心に

どこまで読んだかが瞬時に分かるようになるしおりは、ちょっとした遊び心を取り入れたい人におすすめです。花柄や和風テイスト、アンティーク調など、おしゃれでユニークなデザインになっているので、気分を上げたりすることができます。

メモ機能がついていたりすることもあり、機能性という点からも優れているといえます。マグネット式タイプから選べば、しおりを紛失づらくなるという魅力も!高級感溢れる革製や耐久性に優れた金属製などから選ぶのもおすすめです。

ストロー付きタンブラー

首を上げる必要がなくなる

読書中にジュースやコーヒーなどを飲むという人は、ストロー付きタンブラーを購入してみるのもおすすめです。特に横になりながら本を読む場合、通常のコップやタンブラーでは横になった状態から首を上げる必要があり、やや苦しさを感じる姿勢になってしまうでしょう。

その一方で、ストロー付きは首を上げる必要がなく、読書中の姿勢のまま飲むことが可能に!また、タンブラーは保冷・保温性に優れているので、夏でも冬でも快適に使うことができます。ただ、ストローが使い捨てではない場合は、それを洗う器具も併せて購入したほうがいいでしょう。

タイマー

読書時間を決めたい人向け

本を読んでいると、ついハマって寝る時間が遅くなってしまったということも…。そうしたトラブルを避けるためにも役立つのがタイマーで、最初に設定しておけば、きっちりと読書時間を決めることができます

また、これから読書を習慣づけたいという人にもおすすめで、寝る前の30分は本を読むと決めた場合などにも役立ってくれるでしょう。タイマー機能がついたしおりやライト、コンセントなど、いろんなタイプがあるのも特徴ですね。

読書灯(ブックライト/ランプ)

ちょうどいい明るさが可能に

読書灯は、通常のライトよりもピンポイントで明るくしてくれるのが特徴です。特に寝る直前にベッドで横になりながら本を読んでいる人におすすめで、ベッドなどに取り付けられるクリップタイプもあります。部屋の明かりではできない微調整がきくのも魅力ですね。

また、角度を調節することができるタイプも多く、自分に必要なところだけを明るくできるので、家族が近くで寝ている場合でも迷惑になりにくくなります。中には首にかけて利用するタイプもあり、簡単に持ち運べるのが魅力です。

バスタブトレー(バスタブラック)

お風呂でも読書できる

バスタイムに読書をしたいという人におすすめできるバスタブトレーは、スマホや飲み物などを持ち込むことを可能にしてくれます。ゆったりとした気分で本を読むことができ、優雅な入浴タイムにしてくれるのが魅力です。

特に浸かっている時間が長い人におすすめで、お風呂でのリラックスタイムを有効活用することができます。ただ、紙書籍は湿気などによる影響で汚れてしまう場合もあるため、強くおすすめすることはできません。どちらかというと、スマホなどで読んでいる人向けのアイテムといえるでしょう。

バスピロー(浴槽枕)

読書の合間も優雅に過ごせる

バスピローは浴槽に設置できる枕で、首や肩などの負担を軽くしてくれます。ベッドで横になっているかのように本を読むこともできますが、お風呂(水の中)に落としてしまうケースもあるので、その点は注意が必要です。

バスタブトレーと併せて利用するのがおすすめで、読書をする際はバスタブトレーの上で、少し休みたくなったら本を置き、バスピローに頭を預けて横になるという使い方がいいでしょう。日頃からシャワーだけで済ませず、お風呂に浸かる機会が多いという人は持っておくべきアイテムですね。

ビーズクッション

フィット感に優れた座り心地

「人をダメにする」ともいわれるビーズクッションは単に座るだけでなく、うつ伏せや仰向けといった姿勢でも使えるのが特徴です。中には1~3mmほどのビーズが入っていて、それぞれの身体にフィットしやすくなっています。ちょうどいい弾力感があるのも魅力ですね。

むにゅっとした感触が気持ちよく、とてもリラックスできるという声が多いのも特徴です。普段硬めのソファなどで読んでいる人は、独特な柔らかさをもつビーズクッションを購入することで、両方の魅力を味わうことも!インテリアとしても映えやすいので、部屋の雰囲気を変えたい人にもおすすめです。

付箋(ポストイット)

粘着式以外もおすすめ!

本の気になった箇所などに貼ることにより、後で読み返しやすくなったりする付箋。ただ、100均などでも売られている付箋の多くは粘着式になっていて、そう何度も利用することができないのがやや難点ですよね。

使い捨ての粘着式付箋でもいいですが、それ以外にもページに挟むことで使えるタイプ(ブックダーツなど)があり、何度でも使い続けられるのが魅力です。日頃から付箋を使っているという人も、この機会に粘着式ではないタイプに変えてみるのもおすすめ!

ブックカバー

本を保護してくれる

本が汚れたり、破れたりするのを防ぐブックカバーは、素材やサイズなどによって分けることができます。素材には革や布、ナイロンなどが採用されていて、特に革製は独特な光沢や色合いを味わえるだけでなく、ちゃんとケアしたら長く使い続けられるという魅力も!

最近は防水性に優れたタイプも販売されていて、お風呂で読む人向けに作られたカバーもあります。しおりがついているタイプも多く、ちょっとした収納スペースがある場合も!本を持ち歩く機会が多い人は持っておきたいアイテムでしょう。

ブックスタンド(書見台/ページホルダー)

手や腕が疲れにくくなる

ブックスタンドは本を見開きのまま固定してくれるのが魅力で、読書による手や腕の疲れが気になる人におすすめです。本を持たずに読めるというメリットはありますが、商品によってはページが開きづらかったりして、そのストレスで疲れてしまうということも…。

そのため、小説やビジネス書などを読むという人よりも、レシピ本を開きながら料理をしたい人や、資料を見ながら仕事をしたいという人におすすめ!一度固定すれば、他の作業に両手を使うことができます。キッチンで利用する場合は、水に強いかどうかもチェックしたほうがいいでしょう。

耳栓

周りの雑音をシャットアウト

耳栓は周りの雑音をシャットアウトしてくれるため、できるだけ静かな環境で読書をしたい人に打ってつけです。電車が自宅近くを通っていたりする場合にもおすすめで、NRRという数値を見れば、どれだけ騒音を抑えられるかが分かります

また、カフェや図書館などを頻繁に利用する人にもおすすめで、周りの環境に左右されずに本を楽しむことができます。もちろん読書以外でも利用することができ、リーズナブルな価格で手に入れられるのも魅力!気軽に持ち運ぶことができるのも特徴です。

モノカフェ編集部
モノカフェ編集部

NRR(ノイズ・リダクション・レイティング)は、EPA(米国環境保護局)が定めた騒音減衰指数。50dB(デシベル)の騒音がある場所で、NRR30dBの耳栓をすれば、(50-30=)20dBまで抑えられます。NRR20~30dBほどの耳栓がおすすめです。

メガネ(読書用)

仰向けで読めるタイプも!

読書用のメガネには文字を大きくするタイプ以外にも、仰向けの状態でも首などに負担をかけずに読めることを可能にしたメガネなどもあります。レンズの反射や屈折を利用していて、仰向けでも上を向いたまま読めるのが魅力です。

とにかく仰向けで読みたい、仰向けでしか読めない人におすすめで、首や腕などの負担を軽くさせることができます。通常のメガネよりも重いのがやや難点ですが、読書以外にも利用できるのが特徴ですね。入院中などの人にもおすすめ!

まとめ

読書グッズは本を読むのに快適な環境を作り上げ、首や腕などにかかる負担も軽くしてくれます。読書がはかどらないという人は、読書空間から変えてみるのもおすすめです。自分に合った読書グッズを選ぶことで、本を読むのが楽しくなってくることもあるでしょう。

この記事を書いた人
モノカフェ編集部

本・書籍、映画・ドラマ、旅行・グルメを中心としたエンタメ情報を発信しています。さまざまなライターが執筆中!随時募集しています。

\モノカフェをフォローする/
連載・コラム
\この記事をシェアする/
<スポンサーリンク>

※商品画像は楽天、またはAmazonより引用しています。クリックすると、各販売商品ページに移ります。※価格は記事公開時点での表記となります。セール等により異なる場合がございますので、詳細は各公式サイトにてご確認ください。※豆知識やプチ情報等は編集部にて加筆している場合があり、担当ライターの意見や興味等とは一切関係ございません。

Monotone Cafe(モノトーンカフェ/モノカフェ)