【15選】Amazonプライムビデオで見られるおすすめ邦画【2020年版】

映画・ドラマ・チャンネル
<スポンサーリンク>

月額500円から加入できる「Amazonプライムビデオ」で視聴できる邦画は数多くあります。邦画は日本を舞台にしたりしていて、他ジャンルの映画に比べ、やはり親しみやすいところがありますよね。Amazonプライム会員であれば、大ヒットを記録した邦画も視聴可能です。

<スポンサーリンク>

Amazonプライムビデオで見られるおすすめ邦画

Amazonプライムビデオ」のおすすめ邦画を紹介していきます(ネタバレなし)。

『手紙』

何もしていないのに差別を受ける

加害者家族を題材にした『手紙』は、東野圭吾さんの人気小説が原作です。兄が強盗殺人という罪を犯したことをきっかけに、弟(直貴)は強盗殺人犯の弟」というレッテルに苦しみ続けます。自暴自棄になった直貴を助けようとする人も現れますが、やはり現実や世の中は厳しいものです。

『蛇にピアス』

吉高由里子の初主演&衝撃作

蛇にピアス』は金原ひとみさんの小説が原作で、吉高由里子さんの初主演映画としても有名です。どこかさまようように生きていた少女・ルイは、青年・アマと出会って付き合うことになります。入れ墨や舌ピアスによる痛みが生きているという実感を与えてくれるのですが…。

『容疑者Xの献身』

こんなに人を愛することができるのか

東野圭吾さんのガリレオシリーズ『容疑者Xの献身』は、ある男の深い愛を描いたミステリー恋愛映画です。天才数学者でありながら高校教師をしていた石神は、ある犯罪を隠ぺいするために力を貸すことにしました。警察を欺くことにも成功したのですが…。

『告白』

女教師の告白からはじまる衝撃作

本屋大賞にも輝いた湊かなえさんの小説が原作である『告白』は、やや暗い独特な世界観で描かれているのが特徴です。「生徒に娘を殺された」と告白した女教師は、犯人に対して復讐をはじめていきます。その方法が怖すぎるというか、ホラー映画とは違う怖さがありますね。

『麒麟の翼』

どうしても伝えたかった想い

東野圭吾さんの加賀恭一郎シリーズ『麒麟の翼』は、ある息子と父親のが描かれています。日本橋の翼のある麒麟像の下で、男性の刺殺体が発見されます。ただ、彼は刺された現場から麒麟像まで、誰にも助けを求めず、8分間も歩き続けたのです!そこまでして麒麟像に向かった理由とは何か。

『白ゆき姫殺人事件』

誰もが認める美人OLが惨殺される

湊かなえさんが原作の『白ゆき姫殺人事件』は、美人OLがめった刺しにされて火をつけられるという事件からはじまります。一人の女(城野)に疑惑の目が向けられ、テレビ報道も加熱していき、Twitterなども炎上中…!井上真央さんが演じる城野は、本当に美人OLを殺したのか。

『さよなら歌舞伎町』廣木隆一

人生に迷う大人たちを描いた作品

さよなら歌舞伎町』は、ラブホテル店長の徹とミュージシャン志望の沙耶を中心に展開していきます。ラブホには罪を犯して時効を待つカップル、彼氏に内緒で働くデリヘル嬢など、さまざまな大人が訪れてきます。それぞれに、さまざまな深い闇があるのを強く感じますね。

『何者』

徐々に就活生の闇が暴かれていく

何者』は朝井リョウさんの直木賞受賞作が原作で、就職活動を題材に展開していきます。最初は一緒に就活を頑張ろうと集まるのですが、徐々に複雑な人間関係に変わってしまいます。それぞれの抱えるが明らかになったとき、おそらく共感恐怖を覚えることでしょう。

『キセキ -あの日のソビト-』

軌跡と奇跡を描いた感動実話

キセキ -あの日のソビト-』は、あの有名なGreeeeNがデビューするまでの軌跡を描いた映画です。ミュージシャンの兄、音楽の道に進むのを反対する厳格な父、歯医者を目指しながらも、音楽にも魅了されていく弟。最後に父が患者に見せる笑顔のシーンは、こちらもほっと笑顔になりますね。

『君の膵臓をたべたい』月川翔

いかに一日一日が大切か

君の膵臓をたべたい』は膵臓の病を患った女子と、その事実を偶然知った男子の青春映画です。一見ありがちなストーリー設定のようにも感じますが、最後は意外な結末を迎えることになります。良くも悪くも、人生はあっけないなあと感じましたね。

『祈りの幕が下りる時』

加賀恭一郎の母親にも迫った作品

東野圭吾さんの小説が原作である『祈りの幕が下りる時』は、ある女性の絞殺死体が発見されたことからはじまります。やがて事件の鍵を握っているのは、演出家・浅居博美であることが分かりますが、確かなアリバイがありました。本作は、加賀恭一郎の母親の真相に迫っているのも特徴です。

『検察側の罪人』

エリート検事が一線を超えたとき

検察側の罪人』は、木村拓哉さんと二宮和也さんが共演したことでも話題になりましたね。未解決事件の重要参考人だった狂人男がキーポイントになるのですが、エリート検事(最上)も一線を越えてしまいます。もちろんアウトな行動ですが、その気持ちも分からなくはないという…。

『人魚の眠る家』

大好きな愛娘が意識不明に

人魚の眠る家』は東野圭吾さんの小説が原作で、ある女の子がプールで溺れて意識不明になったことからはじまります。結局最先端技術を駆使して延命治療を開始したのですが、彼女の母親(薫子)の狂気を呼び覚ますことにもなるのです。自分も同じ立場にいたら、と想像させられますね。

『マスカレード・ホテル』

お客様を疑う刑事×信じるホテルマン

マスカレード・ホテル』は、東野圭吾さんのマスカレードシリーズの中で唯一の映画化作品です。刑事(新田)とホテルマン(山岸)という異色のコンビで、都内で起きた連続殺人事件を解決していきます。小説と同様、新田と山岸のやりとりが面白かったですね。

『劇場』

ダメ男と天使女の複雑な恋物語

劇場』は山崎賢人さんと松岡茉優さんが主演を務めた映画で、原作は又吉直樹さんの小説です。演劇の世界で生きる永田(山崎賢人)と、女優を目指す沙希(松岡茉優)が織りなす恋愛物語。理想と現実の狭間でもがく若者の姿が描かれています。

※商品画像はAmazonから引用しています。クリックすると、Amazon商品ページに移ります。

まとめ

月額500円から楽しむことができる「Amazonプライムビデオ」。月に2~3本の映画を見る人は、すぐに元を取ることができます。たくさんの邦画を見ることができますが、その中からピックアップして紹介しました。

この記事を書いた人
エラシコ

WEBライター。1994年神奈川県生まれ。趣味:読書/サッカー/映画鑑賞。好きな作家:東野圭吾/アガサ・クリスティー/ヘミングウェイ。好きな芸人:千鳥/オードリー/ダウンタウン。現地でクラシコを見るのが夢。

映画・ドラマ・チャンネル
\この記事をシェアする/
<スポンサーリンク>

※商品画像は楽天、またはAmazonより引用しています。クリックすると、各販売商品ページに移ります。※価格は記事公開時点での表記となります。セール等により異なる場合がございますので、詳細は各公式サイトにてご確認ください。※豆知識やプチ情報等は編集部にて加筆している場合があり、担当ライターの意見や興味等とは一切関係ございません。

Monotone Cafe(モノトーンカフェ/モノカフェ)