上品で、妖艶で、狂気!セクシーな色気が凄すぎる写真集『接写』【橋本マナミ】

本・書籍
<スポンサーリンク>

これが大人の色気というやつか―――そう教えてくれたのは「愛人にしたい女No.1」にも輝いた橋本マナミさんの3冊目となる写真集『接写』。2015年に発売された写真集で、タイトル通り身体の細部まで見られるカメラアングルになっているのが大きな特徴です。ただ単にセクシーで美しいとはまた違う、どこかミステリアスで危ない色気も漂っています。

本作を見れば、橋本マナミさんが色気溢れる女性だということを改めて感じられます。どんどんと引き込まれていくような感覚になり、どろどろとした恋愛小説を読んでいるかのようにページをめくっていましたね。また、写真集なのに見てはいけないものを目にしているような背徳感も。服装や髪の毛などが乱れている写真も多く、一体どういう経緯で何があったのかと想像させられます。

中には足先のみ、背中のみ、下半身のみといった写真もあるのですが、それもまた想像をかき立てられるようになっています。その他にも不敵な笑みを浮かべる写真があり、大人のデンジャラスな色気を感じましたね。

また、カメラマンも戸惑ったのではないかというほどに近い距離で撮られている写真が多いです。本来であれば、恋人しか見られないようなアングルにもなっていて、明らかに恋人との営みを連想させる写真もあります。しかも夜の営みが始まる前から終わった後まで、ちょっとしたストーリー仕立てになっているのも魅力です。

本作には車内や道端、ホテル、外の階段などを背景にした写真がありますが、橋本マナミさんの自宅で撮影されたという写真も!その写真には全裸で床に寝そべっていたり、キッチンやバスルームで脚を開いていたりするのがあり、日常の中に潜む非日常的な快楽といった雰囲気になっています。ある意味で狂っているといえるでしょうが、その狂いにさえも魅了されること間違いないでしょう。

本作はセクシーでありながら上品でもあり、デンジャラスな色気に圧倒される妖艶さもあり、時に狂気さえも感じられる贅沢な写真集になっています。おそらく女の子には作れない写真集ともいえるでしょう。大人の色気を見てみたい、感じてみたい人におすすめです!

作品情報

出版社幻冬舎(2015/9/30)
ページ数149ページ
ジャンル女優
販売ページ(Amazon)https://amzn.to/3nBohyM
この記事を書いた人
エラシコ

WEBライター。1994年神奈川県生まれ。趣味:読書/サッカー/映画鑑賞。好きな作家:東野圭吾/アガサ・クリスティー/ヘミングウェイ。好きな芸人:千鳥/オードリー/ダウンタウン。現地でクラシコを見るのが夢。

本・書籍
\この記事をシェアする/
<スポンサーリンク>

※商品画像は楽天、またはAmazonより引用しています。クリックすると、各販売商品ページに移ります。※価格は記事公開時点での表記となります。セール等により異なる場合がございますので、詳細は各公式サイトにてご確認ください。※豆知識やプチ情報等は編集部にて加筆している場合があり、担当ライターの意見や興味等とは一切関係ございません。

Monotone Cafe(モノトーンカフェ/モノカフェ)