投資用語「72の法則」とは?

コラム
<スポンサーリンク>
  • 72の法則:お金が複利により2倍になる期間(年)を概算で求めるための法則

72の法則はお金が複利により2倍になる期間(年)を求めるための法則で、その計算式は「72÷金利≒お金が2倍になる期間(年)」です。

たとえば金利3%で運用した場合、元本が2倍になるまでの期間は「72÷3=24(年)」とすぐに分かります。ちなみに金利1~10%を例にした計算式は下記の通りです。

  • 金利1%:72÷1=72(年)
  • 金利2%:72÷2=36(年)
  • 金利3%:72÷3=24(年)
  • 金利4%:72÷4=18(年)
  • 金利5%:72÷5=14.4(年)
  • 金利6%:72÷6=12(年)
  • 金利7%:72÷7≒10.3(年)
  • 金利8%:72÷8=9(年)
  • 金利9%:72÷9=8(年)
  • 金利10%:72÷10=7.2(年)

またある年数で元本を2倍にするために必要な金利を知りたい場合には、「72÷元本を2倍にしたい期間(年)」で分かります。たとえば、10年で2倍にしたい場合は「72÷10=7.2(%)」です。

さらには投資だけでなくお金を借りる場合にも役立つ法則で、自分の借りたお金が2倍になってしまう期間(年)もすぐに分かります。金利18%の場合は「72÷18=4(年)」です。

ただ、計算式で求められる数値(期間)はあくまでおおよその数値で、正確な数値ではない点には注意が必要です。

関連動画