ビジネス用語「財務三表」とは?

コラム
<スポンサーリンク>
  • 財務三表:財務諸表(決算書)の中で、特に重要とされている3つの書類

財務三表は財務諸表(決算書)の中で、特に重要とされている3つの書類です。その書類は「損益計算書」「貸借対照表」「キャッシュ・フロー計算書」で、それぞれの特徴は下記の通りとなります。

  • 損益計算書:企業の経営成績を表す(売上総利益や営業利益など)
  • 貸借対照表:企業の財政状態を表す(資産や負債など)
  • キャッシュ・フロー計算書:企業の現金の流れを表す(営業活動や投資活動など)

財務諸表には上記以外の書類も含まれていますが、上記の書類は投資家や経営者などから重要視されることから「財務三表」とも呼ばれています。

ちなみに財務諸表とは金融商品取引法の対象となる企業の決算書で、一般的には「決算書」と呼ばれるケースが多いです。

また財務三表も含め、財務諸表を作成・公開する主な目的は株主や投資家、金融機関、従業員などに対し、会社の経営成績や財政状態などを伝えるためです。

特に重要とされる財務三表を読めるようになると、さまざまな角度から総合的に企業について知れるのが魅力で、財務三表について解説した本も多数出版されています。

関連動画