ビジネス用語「損益計算書(PL)」とは?

コラム
<スポンサーリンク>
  • 損益計算書(PL):ある一定期間における企業の経営成績を表す財務諸表の一つ

損益計算書はある一定期間における企業の経営成績を表す財務諸表(決算書)の一つで、「PL(Profit and Loss Statement)」「P/L」などともいわれています。

損益計算書には「収益」「費用」「利益」の3つの要素が記載されており、これらを計算式で表すと「収益-費用=利益」となります。

つまり損益計算書を見ることにより、「どれくらいの利益を上げたか」「どれくらいの損失を出したか」などが分かります。

また損益計算書に記載される利益は「売上総利益」「営業利益」「経常利益」「税引前当期純利益」「当期純利益」の5つに分かれており、それぞれの計算式は下記の通りです。

  • 売上総利益=売上高-売上原価
  • 営業利益=売上総利益-販売費及び一般管理費(販管費)
  • 経常利益=営業利益+営業外収益-営業外費用
  • 税引前当期純利益=経常利益+特別利益-特別損失
  • 当期純利益=税引前当期純利益-法人税等

ちなみに営業利益は企業が本業で稼いだ利益を意味する一方で、経常利益は通常行っている業務の中で得た利益を意味し、本業以外で生じた利益も含まれるといった違いがあります。

関連動画