【3選】シェフが登場するおすすめ料理・グルメ映画【食欲がそそられる】

映画・ドラマ
<スポンサーリンク>

コックやシェフが登場する映画では和食をはじめ、イタリア料理やスペイン料理、フランス料理など、さまざまな国のおいしそうな料理を見て楽しめます

またコックやシェフたちの人間模様も楽しめ、ストーリーとしてはハッピーエンドであるケースが多いため、ほっこりとするような物語を見たい方にもおすすめですね。

そこで本記事では実際に見た映画の中から、シェフが登場するおすすめ料理・グルメ映画を厳選して紹介していきます。

<スポンサーリンク>

シェフが登場するおすすめ料理・グルメ映画

実際に見た映画の中から、シェフが登場するおすすめ料理・グルメ映画を厳選して紹介していきます(ネタバレなし)。

『幸せのレシピ』

おすすめポイント

  • 心情の変化を楽しめる
  • ほっこりとした気分になれる
  • 陽気な副料理長との絡みが面白い

概要・あらすじ・注目ポイント

本作は2001年に公開されたドイツ映画『マーサの幸せレシピ』のリメイク版で、完璧主義者のレストラン料理長ケイト・アームストロングが登場します

ケイトは料理の腕は凄いけど人との関わり方に難ありといった料理長で、オーナーから命令されてセラピーに通わされているほどです。

ただ、姉が交通事故で亡くなったのをきっかけに姪と一緒に暮らすことになり、彼女への接し方に悩みながら気持ちが変化していくのが注目ポイントです。

また最初は性格的に合わなかった副料理長との絡みも面白く、特にほっこりとするようなストーリーが好きな方におすすめできます。

基本情報

監督スコット・ヒックス
キャストキャサリン・ゼタ=ジョーンズ/アーロン・エッカート/アビゲイル・ブレスリン
上映時間1時間44分(2007)
ジャンル恋愛・ロマンス/ヒューマンドラマ
受賞・候補歴

『シェフ 三ツ星フードトラックを始めました』

おすすめポイント

  • 全体的に明るいテイスト
  • おいしそうな料理を見られる
  • 前向きでポジティブな気分になれる

概要・あらすじ・注目ポイント

本作は一流レストランの料理長を中心に描かれるコメディ映画で、ある日大物評論家がレストランにやってくることになりました。

料理長・カールは新作料理に力を入れますが、オーナーから定番メニューを出すようにと指示されます。

そこで定番メニューを出しますが、結局評論家から酷評されてしまうだけでなく、Twitter上でもレストラン内でも喧嘩となるほか、しまいには事の一部始終を撮影した動画が流出する始末

カールは恥を晒したうえに職を失うことにもなり、そこからフードトラックの道へと進むことに。

本作は全体的に明るいテイストとなっているのも魅力で、鑑賞後はポジティブな気分になれますね!

基本情報

監督ジョン・ファヴロー
キャストジョン・ファヴロー/ソフィア・ベルガラ/ジョン・レグイザモ
上映時間1時間54分(2015)
ジャンルコメディ/ヒューマンドラマ
受賞・候補歴

『シェフ! 三ツ星レストランの舞台裏へようこそ』

おすすめポイント

  • テンポがいい
  • 癖の強い料理人が面白い
  • 有名シェフとのやりとりが笑える

概要・あらすじ・注目ポイント

数多くの有名シェフのレシピを暗記する自称・料理の達人が登場する本作

シェフを目指す青年・ジャッキーは稀有な才能を持ちながらも、料理へのこだわりが強すぎるあまりに客や同僚とトラブルを起こしてばかり。

結局真面目な恋人が身ごもったのもあり、料理人ではなくペンキ職人として働くことになります。

その頃三ツ星レストランの有名シェフ・アレクサンドルは、新作メニューが浮かばずに悩む日々を過ごしていました。

そんな2人がひょんなきっかけから知り合い、徐々に信頼関係を築いていくといったストーリーで、特にテンポのいいコメディ映画を見たい方におすすめできます。

基本情報

監督ダニエル・コーエン
キャストジャン・レノ/ミカエル・ユーン/ラファエル・アゴゲ
上映時間1時間24分(2014)
ジャンルコメディ
受賞・候補歴

まとめ

コックやシェフが登場する映画ではおいしそうな料理を見られるほか、料理人たちの人間模様を楽しめるのもおすすめポイントですね。

全体的に明るいテイストやハッピーエンドとなっていることが多いので、コメディ映画を見たい方やほっこりとするような物語が好きな方におすすめできます。