【2選】マスカレードシリーズのおすすめ小説【刑事×ホテルマンという異色コンビ】

本・書籍
<スポンサーリンク>

東野圭吾さんのマスカレードシリーズはホテル・コルテシア東京を舞台に、主に刑事とホテルマンという異色コンビが事件を解決していく人気シリーズで、シリーズ累計発行部数は480万部も突破しています。

特に第1作目『マスカレード・ホテル』の人気が高く、木村拓哉さん、長澤まさみさん主演で映画化もされており、まったく合わなそうな刑事とホテルマンのやりとりがおすすめポイントです。

そこで本記事では実際に読んだ本の中から、マスカレードシリーズのおすすめ小説を厳選して紹介していきます。

<スポンサーリンク>

マスカレードシリーズとは?

刑事×ホテルマンという異色コンビ

東野圭吾さんのマスカレードシリーズでは、主にお客様を疑う刑事とお客様を信じるホテルマンという異色コンビが事件解決を目指していきます

新田浩介(刑事)と山岸尚美(ホテルマン)という合わなそうな2人が一緒に解決していく様子が注目ポイントです!

特に人気の高い第1作目『マスカレード・ホテル』は都内で起きた不可解な連続殺人事件の真相に迫るストーリーで、木村拓哉さん(新田浩介役)、長澤まさみさん(山岸尚美役)主演で映画化もされるほか、2020年には宝塚歌劇にて舞台化もされています。

ちなみに第2作目『マスカレード・イブ』は2人が出会う前、第3作目『マスカレード・ナイト』はホテルから2~3年後の物語で、『マスカレード・ナイト』は木村拓哉さん、長澤まさみさん主演で映画化されています

本シリーズは累計発行部数480万部を突破しており、ガリレオシリーズ、加賀恭一郎シリーズに続く新たな人気シリーズとして注目されています。

ミステリー小説として面白いのはもちろん、ホテルマンの苦悩を感じられたり、さまざまなお客様の事情を知れたりするのもおすすめポイントです。

主な登場人物

  • 新田浩介:警視庁捜査一課所属の若きエリート刑事。頭が切れる
  • 山岸尚美:ホテル・コルテシアのフロントクローク。プロ意識が高い

シリーズ発売順

  1. 【2011年9月】『マスカレード・ホテル』
  2. 【2014年8月】『マスカレード・イブ』
  3. 【2017年9月】『マスカレード・ナイト』
  4. 【2022年4月】『マスカレード・ゲーム』

※ストーリーの時系列でいうと、『マスカレード・イブ』(新田浩介と山岸尚美が出会う前の物語)⇒『マスカレード・ホテル』(イブから4~5年後の物語)⇒『マスカレード・ナイト』(ホテルから2~3年後の物語)となります。

著者情報(東野圭吾)

小説家。1958年2月生まれ。大阪府出身。大阪府立大学電気工学科卒業。1985年に『放課後』で江戸川乱歩賞を受賞(デビュー)。1999年に『秘密』で日本推理作家協会賞、2006年『容疑者Xの献身』で直木賞と本格ミステリ大賞、2012年『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で中央公論文芸賞、2013年『夢幻花』で柴田錬三郎賞、2014年『祈りの幕が下りる時』で吉川英治文学賞を受賞。

関連記事

マスカレードシリーズのおすすめ小説

実際に読んだ本の中から、マスカレードシリーズのおすすめ小説を厳選して紹介していきます(ネタバレなし)。

『マスカレード・ホテル』

出版社集英社(2014/7/18)
ページ数520ページ
ジャンルミステリー/サスペンス
受賞・候補歴
メディアミックス映画/舞台

映画もヒットしたシリーズ最高傑作

本作は都内で起きていた不可解な連続殺人事件の解決を目指すストーリーで、新田浩介と山岸尚美が初めて出会うきっかけにもなります。

殺害現場に残された暗号から、次の殺害現場がホテル・コルテシア東京であることが判明し、警察は新たな被害者を出さないためにもホテルへと潜入することに。

新田はフロントスタッフとして潜入し、その教育係として任されたのが尚美で、最初はぶつかり合ってばかりでした。

そんな2人が徐々に信頼し合っていくのを感じられるほか、後半にはハラハラとする展開があるのもおすすめポイントですね。

『マスカレード・ナイト』

出版社集英社(2020/9/18)
ページ数544ページ
ジャンルミステリー/サスペンス
受賞・候補歴
メディアミックス映画

さまざまな仮面を被ったお客様

本作は『マスカレード・ホテル』から数年後のストーリーで、主な舞台設定は第1作目と大きく変わりません。

ある日匿名通報ダイヤルからの情報により、練馬区のマンションで妊婦が電気コードで感電死させられた事件が発覚します

またその女性を殺した犯人が12月31日にコルテシア東京のパーティー会場に現れるという密告状が届いたのをきっかけに、警察はホテル・コルテシア東京に再び潜入することになります。

さまざまな仮面を被った怪しいお客様たちの中から、誰が犯人なのかを見つけるスリルを味わえるのが魅力です。

まとめ

累計発行部数480万部を突破しているマスカレードシリーズは、主に刑事とホテルマンという異色コンビが事件を解決していく人気シリーズです。

特に第1作目『マスカレード・ホテル』の人気が高く、木村拓哉さん、長澤まさみさん主演で映画化もされています。ぜひチェックしてみてください。