ストーリーとともに音楽も楽しめる伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』【波乱万丈な人生】

映画・ドラマ・チャンネル
<スポンサーリンク>

2018年に公開された伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』は、イギリスのバンド・Queenクイーンのボーカルであるフレディ・マーキュリーに焦点をあてた作品。第76回ゴールデングローブ賞で映画作品賞(ドラマ部門)、第91回アカデミー賞で主演男優賞を受賞し、観客動員数940万人を超える大ヒット作となりました。

1970年代初頭のフレディ(当時の名前はファルーク・バルサラ)は移民差別を受けながらも、音楽を好んで曲を作っていました。ある日ファンだったバンド・スマイルのボーカルが脱退すると聞き、メンバーに見事な歌声を披露して仲間入り。新生バンドとして活動を開始し、みるみるうちに成長を遂げます。その後はライブのため世界を飛び回ることになるのです。

本作では、フレディのミュージシャンとしての波乱万丈な人生を垣間見ることができます。そして何よりもQueenの名曲の数々が作中の場面で挿入曲として流れ、まるでライブ会場にいるかのような気分を味わえます。Queenを知っている人はもちろん、知らない人でも音楽が好きな人におすすめで、ストーリーとともに音楽も楽しめる作品です。

Queenという伝説のバンドの裏側を見ることができる本作は、何度見ても飽きない作品だと思います。フレディが亡くなったのは1991年で、現在は2021年ですので30周年という節目のいま、ぜひチェックしていただきたい作品です!

作品情報

監督ブライアン・シンガー/デクスター・フレッチャー
キャストラミ・マレック/ルーシー・ボイントン/グウィリム・リーなど
上映時間2時間14分(2018)
ジャンル音楽/ヒューマン
受賞・候補歴第76回ゴールデングローブ賞(ドラマ部門)など
視聴ページ(Amazon)https://amzn.to/2Z0XyBC

【豆知識】伝説のバンド・Queen(クイーン)とは?

Queenは1970~80年代を中心に活躍した世界的なロックバンドで、2018年に発表された「史上最も人気のある100のロックバンド」(ウォール・ストリート・ジャーナル)では第3位に輝いています。『We Will Rock You』『Bohemian Rhapsody』『We Are The Champions』などの曲で知られ、2001年にはマイケル・ジャクソンらとともにロックの殿堂入りを果たしました。

フレディ・マーキュリー(ボーカル)は1991年に亡くなってしまいましたが、現在もQueenは解散せずにライブ公演などを続けていて、ブライアン・メイ(ギター)とロジャー・テイラー(ドラマー)の2人に、ボーカルとしてアダム・ランバートを迎え、「クイーン+アダム・ランバート」として活動したりしています

この記事を書いた人
山口祐弥

WEBライター/理学療法士。1992年鹿児島県生まれ。趣味:トレイルランニング/読書/映画鑑賞/食べ歩き。自然の中でからだを動かすことが好きです!人と関わりながら仕事をしたく、理学療法士をしています。また、人に分かりやすく伝えるスキルも高めるため、Webライターもしています。

\モノカフェをフォローする/
映画・ドラマ・チャンネル
\この記事をシェアする/
<スポンサーリンク>

※商品画像は楽天、またはAmazonより引用しています。クリックすると、各販売商品ページに移ります。※価格は記事公開時点での表記となります。セール等により異なる場合がございますので、詳細は各公式サイトにてご確認ください。※豆知識やプチ情報等は編集部にて加筆している場合があり、担当ライターの意見や興味等とは一切関係ございません。

Monotone Cafe(モノトーンカフェ/モノカフェ)