モチベーションに、スペシャリスト。今後求められる思考やスキルとは?【働き方5.0】

本・書籍
<スポンサーリンク>

落合陽一さんの『働き方5.0~これからの世界をつくる仲間たちへ~』では今後起こりうる変化をはじめ、どのような思考やスキルが重要になってくるのかなどがまとめられています。本書は10~20代の若い人はもちろん、これからの変化が気になる人にもおすすめです。

いろんな変化や今後求められる思考などが紹介されていますが、特に印象に残ったのがモチベーションの重要性とスペシャリストを目指す必要性で、いま小さな子どもがいる親御さんも知っておくと役に立つところがあるでしょう。

これからはシステムを使う側とシステムに使われる側に大きく分かれ、システムを使う側になりたいのであれば、システムにはないモチベーションが大切になると書かれています。また専門性を持つスペシャリストを目指すことも重要で、今まで高く評価されてきたジェネラリスト(=何でも高い水準でこなせる人)は、コンピューターとの勝負においては負けてしまう可能性も。

このように今後より重要になる考えや今までとは大きく異なる大切な価値観が紹介されていて、その他にはブルーカラーでも、ホワイトカラーでもないクリエイティブ・クラス(=創造的専門性を持つ知的労働者)などについても言及されています。クリエイティブ・クラスとして生きていく上で知っておいたほうがいい勉強と研究の違いなども興味深くて面白かったですね。

書籍情報

出版社小学館(2020/6/8)
ページ数155ページ
ジャンルビジネス
販売ページ(Amazon)https://amzn.to/39bOdbQ
この記事を書いた人
エラシコ

WEBライター。1994年神奈川県生まれ。趣味:読書/サッカー/映画鑑賞。好きな作家:東野圭吾/アガサ・クリスティー/ヘミングウェイ。好きな芸人:千鳥/オードリー/ダウンタウン。現地でクラシコを見るのが夢。

本・書籍
\この記事をシェアする/
<スポンサーリンク>

※商品画像は楽天、またはAmazonより引用しています。クリックすると、各販売商品ページに移ります。※価格は記事公開時点での表記となります。セール等により異なる場合がございますので、詳細は各公式サイトにてご確認ください。※豆知識やプチ情報等は編集部にて加筆している場合があり、担当ライターの意見や興味等とは一切関係ございません。

Monotone Cafe(モノトーンカフェ/モノカフェ)