【27選】100人が選んだおすすめダンス漫画【バレエや社交ダンスなど】

本・書籍
<スポンサーリンク>

躍動感溢れる絵などが魅力であるダンス漫画は、意外と名作が揃っているジャンルでもあります。ただ、一口にダンス漫画とはいっても、フラメンコやクラシックバレエ、社交・競技ダンス、ストリートダンス、フィギュアスケートなど、さまざまな題材で描かれています。

そこで今回はクラウドソーシングでアンケートを実施し、その結果をもとにおすすめ作品をランキング形式でまとめています。各漫画の簡単なあらすじなども紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

※【アンケート調査概要】内容:おすすめのダンス漫画を教えてください!/実施時期:2021年6月/回答者数:100名/有効回答数:100件

  1. 100人が選んだおすすめダンス漫画
    1. 【1位】『ボールルームへようこそ』竹内友(18票)
    2. 【2位】『ダンス・ダンス・ダンスール』ジョージ朝倉(13票)
    3. 【3位】『チア☆ダン』きみど莉央(10票)
    4. 【4位】『背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~』横田卓馬(8票)
    5. 【5位】『舞姫 テレプシコーラ』山岸凉子(6票)
    6. 【5位】『ワンダンス』珈琲(6票)
    7. 【7位】『アラベスク』山岸凉子(5票)
    8. 【7位】『昴』曽田正人(5票)
    9. 【9位】『きらりん☆レボリューション』中原杏(4票)
    10. 【10位】『セクシー田中さん』芦原妃名子(3票)
    11. 【10位】『白のファルーカ』槇村さとる(3票)
    12. 【12位】『10DANCE』井上佐藤(2票)
    13. 【12位】『Do Da Dancin’!』槇村さとる(2票)
    14. 【12位】『Dreams ショーガールの夢』倉科遼&東克美(2票)
    15. 【15位】『BRE@KING』緒方雄一(1票)
    16. 【15位】『Lady Love』小野弥夢(1票)
    17. 【15位】『SWAN―白鳥』有吉京子(1票)
    18. 【15位】『スポットライト』三浦風(1票)
    19. 【15位】『なな色マジック』あさぎり夕(1票)
    20. 【15位】『ハツコイダンス!』佐野愛莉(1票)
    21. 【15位】『ハナヤマタ』浜弓場双(1票)
    22. 【15位】『プリンセス オン アイス』塀内夏子(1票)
    23. 【15位】『ポリーナ』バスティアン・ヴィヴェス(1票)
    24. 【15位】『ムラサキ』厳男子(1票)
    25. 【15位】『ワルツのお時間』安藤なつみ(1票)
    26. 【15位】『愛のアランフェス』槇村さとる(1票)
    27. 【15位】『鉄楽レトラ』佐原ミズ(1票)
  2. まとめ
<スポンサーリンク>

100人が選んだおすすめダンス漫画

2021年6月に実施したアンケート結果をもとに、おすすめダンス漫画をランキング形式で紹介していきます(ネタバレなし)。

【1位】『ボールルームへようこそ』竹内友(18票)

出版社講談社(2012/5/17)
巻数全11巻
ジャンル学園/青春/スポーツ
受賞・候補歴
メディアミックスアニメ
販売ページ(Amazon)https://amzn.to/3luob9w

胸が熱くなる社交ダンスストーリー

本作の主人公は、これという夢もなく無為な日々を過ごしていた平凡な中学生・富士田多々良。ある日多々良はカツアゲされていたところ、謎のヘルメット男に連れ去れてしまいます。その男が向かった先は社交ダンスの教室で、彼は仙石要という名のプロダンサーでした。

多々良は社交ダンスの世界に飛び込むことを決意し、どんどんと社交ダンスにのめり込んでいきます。本作は胸が熱くなるような青春ストーリーが好きな人におすすめで、社交ダンスの知識がなくとも楽しく読み進められるのも特徴です。

【2位】『ダンス・ダンス・ダンスール』ジョージ朝倉(13票)

出版社小学館(2016/2/12)
巻数全20巻
ジャンル学園/青春/スポーツ
受賞・候補歴
メディアミックスアニメ
販売ページ(Amazon)https://amzn.to/3nyqKKv

男らしくあるために諦めたバレエの道

累計発行部数145万部を突破している本作は、中学2年生・村尾潤平を主人公に展開されていくバレエ漫画です。潤平は幼い頃にステージで踊るバレエに魅了されたものの、父親の死をきっかけに男らしくないバレエの道を諦め、男らしくあるために格闘技・截拳道(ジークンドー)を習いはじめます。

ただ、もちろんバレエへの想いが完全に消えたわけではなく、バレエスタジオを運営する母親を持つ転校生・五代都に見抜かれます。彼女から「一緒に、バレエやろうよ!」と誘われたのをきっかけに、潤平は再びバレエの世界に。読者からは「異色のバレエ漫画」という声も上がっていますね。

【3位】『チア☆ダン』きみど莉央(10票)

出版社小学館(2017/2/24)
巻数全1巻
ジャンル学園/青春/スポーツ
受賞・候補歴
メディアミックス映画/小説
販売ページ(Amazon)https://amzn.to/3EmX6xR

普通の女子高生が全米大会を制覇!?

広瀬すずさん主演の映画『チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話』をコミカライズ化した本作では、軽い気持ちでチアダンス部に入部した主人公・ひかりの成長や、チームメイトとの友情や熱い絆などが描かれています

ひかりは憧れの男子を応援したいという単純な理由で入部しますが、チアダンス部は3年で全米大会を制覇するという快挙を成し遂げたのです!本作は実話をもとにしたストーリーである点も注目ポイントで、特に夢や目標に向かって挑戦している人などにおすすめできます。

【4位】『背すじをピン!と~鹿高競技ダンス部へようこそ~』横田卓馬(8票)

出版社集英社(2015/11/4)
巻数全10巻
ジャンル学園/青春/スポーツ
受賞・候補歴
メディアミックス
販売ページ(Amazon)https://amzn.to/3EgNZPf

経験なしの2人がダンスで躍動する

本作は鹿鳴館高校を舞台に描かれる競技ダンス漫画で、主人公はまだ入学したばかりの土屋雅春。新入生向けに部活紹介が行われているところ、雅春は友人に誘われて競技ダンスを見に行くことに。正直ボディタッチという下世話な目的もありましたが、実際に激しくも美しいダンスを見て感動を覚えます

また個性的な部長・土井垣真澄に強引に引き込まれ、何だかんだで競技ダンス部への入部が決定。そこから体験入部で出会った女子・亘理英里とカップルを組み、競技ダンス経験なしの2人がうまくなっていく姿が描かれています。競技ダンスに関するルールなどが丁寧に説明されているのも特徴です。

【5位】『舞姫 テレプシコーラ』山岸凉子(6票)

出版社KADOKAWA(2001/6/23)
巻数全10巻
ジャンルスポーツ
受賞・候補歴第11回手塚治虫文化賞マンガ大賞
メディアミックス
販売ページ(Amazon)https://amzn.to/3nxwsfC

バレリーナの厳しい現実に迫った一冊

2000年より連載開始された本作は、バレエという華やかな舞台の裏側などに鋭く迫ったストーリーです。主な登場人物はバレエ教室を経営する母親のもとで育てられた主人公・篠原六花と、彼女と年子でプロバレリーナを目指す姉・千花、女の子には見えない外見を持つ転校生・須藤空美。

六花はバレリーナには向いていない身体的な弱点が見つかったり、優秀な姉と比べられて落ち込んだりしてやめようかとも考えますが、醜いルックスを持つ空美の美しいバレエを見て気持ちを取り戻します。本作は少女たちの熱い想いに加え、バレエ界の闇なども描かれる本格的なバレエ漫画です。

【5位】『ワンダンス』珈琲(6票)

出版社 講談社(2019/5/23)
巻数全5巻
ジャンル学園/青春/スポーツ
受賞・候補歴
メディアミックス
販売ページ(Amazon)https://amzn.to/3ll6r08

ひたむきに練習する姿をきっかけに

ストリートダンスを題材にした本作では、高校生の主人公・小谷花木がダンスにのめり込み、どんどんと才能を開花させていく姿が描かれています。ある日同学年・湾田光莉の懸命にダンスを練習している姿を見たのをきっかけに、花木は未経験ながらダンスというスポーツに興味を持つことに。

彼にはうまく喋れないというコンプレックスがありましたが、声を発せずとも自己表現ができるダンスに魅了されます。そこで湾田とともにダンス部に入部することを決め、ダンサーとして努力していくことに。ダンスの躍動感溢れる絵や自分の弱さと向き合う姿勢などを評価する声が多いです。

【7位】『アラベスク』山岸凉子(5票)

出版社KADOKAWA(2010/3/23)
巻数全4巻
ジャンルスポーツ
受賞・候補歴
メディアミックス
販売ページ(Amazon)https://amzn.to/3nxwYKA

「バレエ漫画の金字塔」ともいわれる

1971年より連載開始された本作の舞台は、共産主義体制下にあったソビエト連邦。主人公はシェフチェンコバレエ学校に通うノンナ・ペトロワで、主役の座をかけてライバルと争う姿などが描かれています。ちなみに、本作は「バレエ漫画の金字塔」ともいわれているほどの名作です。

著者は『日出処の天子』『舞姫 テレプシコーラ』などを生み出した山岸凉子さんで、繊細で美しい絵風からも支持されています。本作でもバレエを踊る姿の細かな描写を評価する人が多く、中には少女漫画の枠を超えているという声も!本格的なバレエ漫画を読みたい人におすすめです。

【7位】『昴』曽田正人(5票)

出版社小学館(2000/6/30)
巻数全11巻
ジャンルスポーツ
受賞・候補歴
メディアミックス映画
販売ページ(Amazon)https://amzn.to/3hAUkuR

天才であるがゆえの孤独と葛藤

本作の主人公は、病気で苦しむ双子の弟を持つ少女・宮本すばる。ある出来事をきっかけに踊り(バレエ)の世界に足を踏み入れ、天才的な才能を見い出され、どんどんと頭角を現していきます。世界にまで飛び出すほどになりますが、心の中では孤独やトラウマを抱えているところも。

本作は『MOON―昴 Solitude standing―』に続いていくストーリーで、すばるの原点や生い立ちを知れるのが魅力です。本作では小学校3年生~16歳、『MOON』では17~18歳の頃が描かれていて、どちらも迫力のある絵からも支持されています。

【9位】『きらりん☆レボリューション』中原杏(4票)

出版社小学館(2004/8/28)
巻数全14巻
ジャンル学園/恋愛
受賞・候補歴第52回小学館漫画賞(児童向け部門)
メディアミックスアニメ
販売ページ(Amazon)https://amzn.to/2YTQ8Qp

天真爛漫で元気いっぱいな美少女

雑誌『ちゃお』で連載されていた本作は、元気いっぱいで食欲旺盛な中学2年生・月島きらりを主人公に展開される少女漫画。ある日きらりはアイドルグループ・SHIPSの一人である日渡星司に一目惚れし、彼に近づきたいがためにアイドルを目指し、次第にアイドル活動自体に真剣になっていきます。

本作は小学生の頃にハマっていた人が多く、大人になってから読み直して懐かしさを感じている人も!ストーリーの面白さよりも天真爛漫な主人公に魅力を感じている人が多いですね。大きな瞳などの絵も他の作品にはない魅力でしょう。

【10位】『セクシー田中さん』芦原妃名子(3票)

出版社小学館(2018/4/10)
巻数全3巻
ジャンル恋愛
受賞・候補歴
メディアミックス
販売ページ(Amazon)https://amzn.to/3EkVHaZ

個性的なアラフォーたちの恋物語

本作の主人公は現実的に生きる23歳の派遣OL・倉橋朱里で、幸せになりたいというよりも不幸にならないために、相手の男性を探していました。職場のアラフォー独身女性は自分磨きに励む人と老後に備えてお金を貯める人に二極化していますが、朱里は普通に結婚がしたいと考えています

そんな中で、どちらにも当てはまらそうな優秀な経理部員・田中に興味を持ち、最近ボディラインが美しくなっているところも気になります。一体田中の正体は何なのか。その他にも個性的なキャラクターが出てくるので、ギャグ・ラブコメ漫画が好きな人は面白く感じるでしょう。

【10位】『白のファルーカ』槇村さとる(3票)

出版社集英社(1987/12/17)
巻数全8巻
ジャンル恋愛/スポーツ
受賞・候補歴
メディアミックス
販売ページ(Amazon)https://amzn.to/3lqmzhc

アイスダンスを題材にしたラブロマンス

アイスダンスに打ち込む17歳の少女・秋吉樹里が登場する本作。憧れの天才スケーター・松木恵とパートナーを組み、どんどんとのし上がっていく姿が描かれています。また、パートナーとの熱い絆やパートナーを信じる気持ちなどを感じられるのも魅力でしょう。

ちなみに著者・槇村さとるさんは、フィギュアスケートを題材にした『愛のアランフェス』やジャズダンサーの成長などを描いた『ダンシング・ゼネレーション』などを生み出した女性漫画家で、特に少女漫画が好きな人から支持されていますね。

【12位】『10DANCE』井上佐藤(2票)

出版社講談社(2017/8/18)
巻数全6巻
ジャンル恋愛/スポーツ
受賞・候補歴
メディアミックス
販売ページ(Amazon)https://amzn.to/3kdZ2k5

本来交わることのなかった2人

2011年より連載された本作は、スタンダードダンサー・杉木信也とラテンダンサー・鈴木信也との関係が描かれるダンス漫画です。ある大会をきっかけに10種のダンスで競う10ダンスに挑むことになり、2人は自分の得意なダンスを教え合うことに。

本作は競技ダンスだけでなくBL漫画としても楽しめるのが魅力で、男性同士の恋模様を描いたストーリーが読みたい人にもおすすめです。読者からは「2人のキャラがすごく魅力的!」「ダンスを踊る姿が美しくかっこいい」などの声が上がっています。

【12位】『Do Da Dancin’!』槇村さとる(2票)

出版社集英社(2001/1/19)
巻数全9巻
ジャンルスポーツ
受賞・候補歴
メディアミックス
販売ページ(Amazon)https://amzn.to/3ltJl7D

再びバレエへの情熱を取り戻す

本作の主人公である桜庭鯛は4歳の頃からバレエ教室に通っていましたが、中学時代に母親を亡くしたのをきっかけにバレエへの情熱を失ってしまいました。ただ、ある日『ジゼル』というバレエ公演で有名なバレエダンサー・三上朗と出会い、徐々にバレエへの情熱を思い出していくのです。

その他の登場人物も含め、たくさんの人間味溢れるキャラクターが描かれていて、また著者・槇村さとるさんならではの美しい絵も魅力でしょう。ちなみに続編は『Do Da Dancin’! ヴェネチア国際編』(全13巻)で、本作では22歳だった鯛は25歳になっています。

【12位】『Dreams ショーガールの夢』倉科遼&東克美(2票)

出版社グループ・ゼロ(2013/5/31)
巻数全5巻
ジャンルヒューマン
受賞・候補歴
メディアミックス
販売ページ(Amazon)https://amzn.to/3nPf2LN

芸能界を諦めて新たな道に進む

本作では、芸能界からキャバクラで働くことになった主人公・真知子の成長や奮闘などが描かれています。芸能界ではバックダンサーとして活動していましたが、結局芽が出ずに芸能プロダクションもクビになる始末

真知子は生活のためにも振付師・森山の手伝いをしていたところ、たまたまキャバクラ・KINGSのショーを目にし、そこで披露されているダンスのレベルの高さに驚かされます。何だかんだでホステスとしても働くようになるなど、真知子の新たな道に進もうとする姿に勇気をもらえるでしょう。

【15位】『BRE@KING』緒方雄一(1票)

出版社小学館(2017/11/10)
巻数全2巻
ジャンル青春/ギャグ
受賞・候補歴
メディアミックス
販売ページ(Amazon)https://amzn.to/3nGlrZD

オタク×ブレイクダンスの痛快ストーリー

本作は、ゲームオタクであるひきこもり大学生・モコがブレイクダンサーとして才能を開花させるというブレイクダンス漫画。読者からは「躍動感が凄い!」「ギャグとシリアルのテンポがいい」「どんどんと続きが気になる展開」などの声が上がっていますね。

【15位】『Lady Love』小野弥夢(1票)

出版社CoMax(2016/9/28)
巻数全8巻
ジャンルスポーツ
受賞・候補歴第8回講談社漫画賞
メディアミックス
販売ページ(Amazon)https://amzn.to/2XuNaBJ

プリマを目指す少女を描いたダンス漫画

本作はプリマを目指す少女・レディを主人公に展開されるバレエ漫画で、著者はオペラを題材にした『DIVA』などで知られる小野弥夢さん。本作も代表作の一つに挙げられることが多く、特にストーリーの面白さや精神的にタフなキャラクターを評価する声が多いです。

【15位】『SWAN―白鳥』有吉京子(1票)

出版社秋田書店(1995/9/1)
巻数全21巻
ジャンルスポーツ
受賞・候補歴
メディアミックス
販売ページ(Amazon)https://amzn.to/3nPhfa3

世界的なバレリーナになるまで

「バレエ漫画の金字塔」という呼び声もある本作は、一流バレリーナを目指す少女・聖真澄の成長などを描いた作品。本格的なバレエ漫画を読みたい人におすすめで、本作以外にも『SWAN 白鳥の祈り』『SWAN―白鳥―ドイツ編』『SWAN―白鳥―モスクワ編』などの姉妹・続編作があります。

【15位】『スポットライト』三浦風(1票)

出版社講談社(2021/1/21)
巻数全2巻
ジャンル青春/恋愛
受賞・候補歴
メディアミックス
販売ページ(Amazon)https://amzn.to/3EgQWiN

卑屈な大学生が登場する青春ストーリー

卑屈でネガティブな陰キャラ大学生・斎藤恭平が登場する本作は、写真係やカメラマンを頼まれたのをきっかけに展開される青春漫画。ダンス漫画というよりもギスギス・キラキラ感を味わえる青春ストーリーを読みたい人におすすめです。

【15位】『なな色マジック』あさぎり夕(1票)

出版社講談社(2019/5/24)
巻数全6巻
ジャンル青春
受賞・候補歴第11回講談社漫画賞(少女部門)
メディアミックス
販売ページ(Amazon)https://amzn.to/3EvcjwX

数字の7が大好きなおてんば少女

アイドルとして活動する美人な双子の姉を持つ少女・斉藤菜々子が登場する本作。姉の存在がコンプレックスでもあるのですが、隣の席になった小林一樹はアイドル・相本友理(=姉)の大ファン。菜々子は関わらないようにしていましたが、何だかんだで仲良くなっていくのです。

【15位】『ハツコイダンス!』佐野愛莉(1票)

出版社小学館(2018/11/26)
巻数全7巻
ジャンル青春/恋愛
受賞・候補歴
メディアミックス
販売ページ(Amazon)https://amzn.to/2VONfPW

真っすぐな少女×色気溢れるイケメン

『幼なじみと、キスしたくなくない。』などで知られる佐野愛莉さんの本作は、女子高生・昴の成長や変化などを楽しめる青春ラブストーリーです。主人公・昴のピュアさや一生懸命さ、真っすぐな姿に好感を持つ人が多く、またイケメン・斗羽との恋模様も注目ポイントでしょう。

【15位】『ハナヤマタ』浜弓場双(1票)

出版社芳文社(2011/12/12)
巻数全10巻
ジャンル青春
受賞・候補歴
メディアミックスアニメ
販売ページ(Amazon)https://amzn.to/3EvrIgG

普通の少女がよさこいと出会う

頭からルックスまでいたって普通の少女・関谷なるが登場する本作は、よさこいを題材にした青春漫画。内気ななるがよさこいを通して変わっていく姿などに魅力を感じる人が多く、また女子高を舞台に描かれているので、ほとんどのキャラクターが女性(女の子)であるのも特徴です。

【15位】『プリンセス オン アイス』塀内夏子(1票)

出版社電書バト(2016/4/8)
巻数全3巻
ジャンルスポーツ
受賞・候補歴
メディアミックス
販売ページ(Amazon)https://amzn.to/3AdATzO

女子フィギュアスケートを題材に

本作は女子フィギュアスケートを題材にしたスポーツ漫画で、スパルタな練習やライバルとの関係などが描かれています。主人公は独学でスケートを学んだ天才少女・日高まふゆで、コーチが課すトレーニングに反発したりしつつも、いつしか惹かれていってしまうところもあったのです。

【15位】『ポリーナ』バスティアン・ヴィヴェス(1票)

出版社小学館集英社プロダクション(2014/2/5)
巻数全1巻
ジャンルスポーツ
受賞・候補歴
メディアミックス映画
販売ページ(Amazon)https://amzn.to/3nBRMkg

フランス発の新鋭作家によるバレエ漫画

本作は、第17回文化庁メディア芸術祭新人賞(マンガ部門)を受賞したバスティアン・ヴィヴェスが描くバレエ漫画。フランス映画『ポリーナ、私を踊る』の原作でもあり、バレリーナとしての生き様などが描かれています。また、日本のバレエ漫画との違いを感じられるのも他にはない魅力でしょう。

【15位】『ムラサキ』厳男子(1票)

出版社LINE Digital Frontier(2018/9/1)
巻数全2巻
ジャンル青春
受賞・候補歴
メディアミックス
販売ページ(Amazon)https://amzn.to/2YZopOu

パンチのある絵も注目ポイント!

本作では、女子高生・一条紫が創作ダンスを設立するために奮闘する姿などが描かれています。多くの読者が迫力感溢れる絵を評価していて、パンチのある世界観に引き込まれたという人が多数!特にダイナミックで迫力感を味わえる絵を見てみたい人におすすめです。

【15位】『ワルツのお時間』安藤なつみ(1票)

出版社講談社(2013/7/5)
巻数全3巻
ジャンル青春
受賞・候補歴
メディアミックス
販売ページ(Amazon)https://amzn.to/3CfTg7H

社交ダンスを題材にした青春ストーリー

ダンススクールの息子なのにダンスが嫌いである中学生・南たんごと、姫という名前に負けてしまっている地味な女子・牧村姫愛が登場する本作。2人が運命的な出会いをしてから展開されていく社交ダンス漫画で、特にシンデレラストーリーを楽しみたい人におすすめです。

【15位】『愛のアランフェス』槇村さとる(1票)

出版社集英社(1979/6/25)
巻数全7巻
ジャンルスポーツ
受賞・候補歴
メディアミックス
販売ページ(Amazon)https://amzn.to/3ElQpf9

周りの期待や嫉妬なども描かれている

1970年代より連載開始された本作は、フィギュアスケートを題材にしたスポーツ漫画です。天才少女として注目を浴びる森山亜季実と、しばらくリンクから遠ざかっていた黒川貢の関係も注目ポイントで、お互いに支え合っている様子も魅力的なところでしょう。

【15位】『鉄楽レトラ』佐原ミズ(1票)

出版社小学館(2011/10/12)
巻数全6巻
ジャンル青春
受賞・候補歴
メディアミックス
販売ページ(Amazon)https://amzn.to/3CkBS1P

不登校生徒がフラメンコをはじめる

ある出来事をきっかけに中学に登校しなくなった主人公・一ノ瀬鉄宇が、進学先の高校で出会った少女などとともにフラメンコに取り組む姿を中心に描いた本作。かつての自分から変わろうとする様子などに加え、作者の心理描写がうまいという声が数多く上がっていますね。

まとめ

2021年6月に実施したアンケート結果をもとに、おすすめダンス漫画をランキング形式で紹介しました。ダンス好きはもちろん、特に少女漫画や青春ストーリーが好きな人にもおすすめです。ダンスの美しくも激しいところは他のジャンルにはない魅力でしょう。

この記事を書いた人
モノカフェ編集部

本・書籍、映画・ドラマ、旅行・グルメを中心としたエンタメ情報を発信しています。さまざまなライターが執筆中!随時募集しています。

\モノカフェをフォローする/
本・書籍
\この記事をシェアする/
<スポンサーリンク>

※商品画像は楽天、またはAmazonより引用しています。クリックすると、各販売商品ページに移ります。※価格は記事公開時点での表記となります。セール等により異なる場合がございますので、詳細は各公式サイトにてご確認ください。※豆知識やプチ情報等は編集部にて加筆している場合があり、担当ライターの意見や興味等とは一切関係ございません。

Monotone Cafe(モノトーンカフェ/モノカフェ)