【1選】しのぶセンセ・浪花少年探偵団シリーズのおすすめ小説【丸顔美人ながら口も手も早い】

本・書籍
<スポンサーリンク>

東野圭吾さんのしのぶセンセ・浪花少年探偵団シリーズでは大阪出身で丸顔美人ながら口も手も早い教師・竹内しのぶが登場し、教え子の悪ガキたちや大阪府警捜査一課コンビとともに事件を解決していきます。

とても明るくユーモラスに描かれているのが魅力で、下町ならではのノリや雰囲気なども出てくるため、とにかく笑える小説を読みたい方におすすめですね。

そこで本記事では実際に読んだ本の中から、しのぶセンセ・浪花少年探偵団シリーズのおすすめ小説を厳選して紹介していきます。

<スポンサーリンク>

しのぶセンセ・浪花少年探偵団シリーズとは?

痛快でユーモラスで人情味溢れる物語

東野圭吾さんのしのぶセンセ・浪花少年探偵団シリーズでは、大阪出身で丸顔美人ながら手も足も早いが、好奇心が旺盛で厄介事を放っておけない教師・竹内しのぶがキーパーソンとして登場。

彼女を中心にテンポよく展開される、人情味溢れるストーリーから人気を集めています

1988年に発売された第1作目『浪花少年探偵団』は5編からなる短編小説で、生徒の父親が殺される事件が描かれています

第2作目『浪花少年探偵団2』も6編の短編が収録された小説で、第1作目から数年の月日が経っており、しのぶは内地留学中、元教え子は中学生といった背景に。

さまざまな事件を解決するミステリー小説ではありますが、トリックやシリアスなストーリーを楽しみたい方よりも、痛快で人情味溢れる物語を読みたい方におすすめですね。

また関西弁が頻繁に登場するのも特徴で、関西人ならではのノリや明るさなども感じられるでしょう。

ちなみに浪花少年探偵団シリーズはNHKやTBSにてドラマ化もされており、山田まりやさんや多部未華子さんが主演を務めています

※第2作目『浪花少年探偵団2』は後に『しのぶセンセにさよなら 浪花少年探偵団・独立篇』に改題、その後に『しのぶセンセにサヨナラ』へと再改題されています。

主な登場人物

  • 竹内しのぶ:大阪出身の小学校教師
  • 田中鉄平:生徒。ゲームがうまい
  • 原田郁夫:生徒。鉄平の親友
  • 新藤:大阪府警捜査一課刑事。しのぶに好意がある
  • 漆崎:大阪府警捜査一課刑事。新藤の相棒的存在

シリーズ発売順

  1. 【1988年12月】『浪花少年探偵団』
  2. 【1993年12月】『浪花少年探偵団2』(後に『しのぶセンセにサヨナラ』に改題)

著者情報(東野圭吾)

小説家。1958年生まれ。大阪府出身。1985年に『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞・デビュー。1999年に『秘密』で第52回日本推理作家協会賞、2006年に『容疑者Xの献身』で第134回直木賞を受賞。ガリレオシリーズをはじめ、スキー場シリーズや加賀恭一郎シリーズ、マスカレードシリーズなどの人気シリーズを生み出す。

関連記事

しのぶセンセ・浪花少年探偵団シリーズのおすすめ小説

実際に読んだ本の中から、しのぶセンセ・浪花少年探偵団シリーズのおすすめ小説を厳選して紹介していきます(ネタバレなし)。

『浪花少年探偵団』

出版社講談社(2011/12/15)
ページ数368ページ
ジャンル推理・ミステリー
受賞・候補歴
メディアミックス漫画/ドラマ

強い好奇心や鋭い推理力で解決する

大路小学校で教壇に立つ竹内しのぶが持ち前の強い好奇心や鋭い推理力により事件を解決していく本作

生徒の父親が死体で発見されたり、K工業の社長が殺害されたりする事件などが描かれていますが、そこまでシリアスなストーリーになっていないのが魅力ですね。

またしのぶのサバサバとしながらも人情味溢れる性格をはじめ、子どもたちのわんぱくさや大人っぽさが面白いポイントです。

本作はストーリー展開よりも登場人物のキャラクターを楽しみたい方におすすめで、人によってはむかしの大阪を懐かしみながら楽しく読み進められるでしょう。

まとめ

丸顔美人ながら手も口も早い教師・竹内しのぶが登場するしのぶセンセ・浪花少年探偵団シリーズ。

ミステリー小説ではありますが、軽快なやりとりや個性的なキャラクターも魅力で、また関西人ならではのノリも感じられるので、くすっと笑えるような小説を読みたい方におすすめできます。

本・書籍
\この記事をシェアする/
<スポンサーリンク>

※商品画像は楽天またはAmazonより引用しています。クリックすると、各販売商品ページに移ります。※価格は記事公開時点での表記となります。セール等により異なる場合がございますので、詳細は各公式サイトにてご確認ください。※U-NEXTに関するページの情報は記事公開時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Monotone Cafe(モノトーンカフェ/モノカフェ)