お風呂が楽しめて仕事まで捗るアパホテル&リゾート〈東京ベイ幕張〉【夕食もすごい!】

ショートエッセイ
<スポンサーリンク>

 私はフリーランスで在宅ワークをしているのですが、家にこもっているとストレスが溜まりますよね。

「仕事続きで嫌だ! 外に出たい! 大きなお風呂に入りたい! ホテルに泊まりたい!」

 しかし駆け出しのフリーランスである私に、お金があるはずもなく、旅行になんてとても行けません―――そう思っていたら、ネットですごいホテルを見つけました。一人あたり2,900円で泊まれて、大浴場に入れる楽園のようなホテルがあったのです!

 「アパホテル&リゾート〈東京ベイ幕張〉」―――その楽園の名前がこちらです。アパと言えばキャラの濃い女性社長で有名なホテルですよね。

 いくらなんでも安すぎる。あまり期待せずに行こう―――そう心に誓い、アパホテルを予約。翌日、早速海浜幕張駅へと向かいました。

 そして私は度肝を抜かれることになります。まずホテルの大きさ。なんと50階建てです! 元々はプリンスホテルが使っていた建物だったと聞き、その豪華さに納得です。

 さらにお風呂もすごかったのです。ここのアパには大浴場が3つもあります。その3つ全てに5種類以上のお風呂があり、露天風呂もしっかり完備! あまりにお風呂がすばらし過ぎて、何度も浸かりに行きました

 これだけでも十分癒やされたのですが、さらにすごいのが夕食。現在千葉県が関わっている「おもてなしクーポン」を500円で買うことができるのですが、これを使うと最大1万円の食事代が半額になるのです。そう、半額!

 私はルームサービスでステーキとフォアグラのお弁当を頼んだのですが、これも定価6,000円が半額の3,000円で食べられました。味もしっかり一流ホテルのクオリティで、最高の贅沢になったのは言うまでもありません。

 夜、泊まった25階の部屋から美しい夜景を眺めていると、なんだか不思議な気分がわいてきました。

「メッチャやる気がわいてきた! 今ならいい仕事ができるぞ!」

 その直感は当たり、私はその場で残っていた仕事をすべて終わらせてしまいました。その後にはクライアント様から「最高のお仕事でした!」とお褒めの言葉までもらえるというご褒美つき。

 これはやめられない! その後は全力で挑まなければならない難しい仕事が出てきたときは、必ずアパホテル&リゾート〈東京ベイ幕張〉に泊まるようにしています。お風呂が楽しめて、仕事まで捗る。これほど行ってよかった場所はありません。

基本情報

ホテル名アパホテル&リゾート〈東京ベイ幕張〉
所在地〒261-0021 千葉県千葉市美浜区ひび野2-3
アクセス【車】
・東京方面より東関東自動車道「湾岸習志野I.C.」下車(約10分)
・千葉方面より東関東自動車道「湾岸千葉I.C.」下車(約8分)
・京葉道路「幕張I.C.」下車(約12分)
【電車】
・JR京葉線「海浜幕張駅」より徒歩で約7分
【バス】
・JR京葉線「海浜幕張駅」より約5分
・「幕張本郷駅」より約15分
【リムジンバス】
・羽田空港より約60分
・成田空港より約45分
公式HP・サイトhttps://www.apahotel.com/resort/makuhari/index.html
この記事を書いた人
とりじまカラス

シナリオライター。1987年東京都生まれ。趣味:映画鑑賞/節約/温泉/ダイエット/読書。毎月10本以上映画を観ては、あーでもないこーでもないと感想を残しています。他にもいろいろと趣味があるので、気になった方は見てみてください!

\モノカフェをフォローする/
ショートエッセイ
\この記事をシェアする/
<スポンサーリンク>

※商品画像は楽天、またはAmazonより引用しています。クリックすると、各販売商品ページに移ります。※価格は記事公開時点での表記となります。セール等により異なる場合がございますので、詳細は各公式サイトにてご確認ください。※豆知識やプチ情報等は編集部にて加筆している場合があり、担当ライターの意見や興味等とは一切関係ございません。

Monotone Cafe(モノトーンカフェ/モノカフェ)