【1選】ラプラスの魔女シリーズのおすすめ小説【未来を予知できる謎の少女】

本・書籍
<スポンサーリンク>

東野圭吾さんのラプラスの魔女シリーズは特殊な能力を持つ謎の少女が登場するのが特徴で、また常識的には考えられない描写が出てきたりして、東野圭吾作品の中では異色ともいえるストーリーになっています。

ちなみに第1作目『ラプラスの魔女』が発売された際に、東野圭吾さんは「これまでの私の小説をぶっ壊してみたかった。そしたらこんな作品ができました」とコメントしていましたね。

そこで本記事では実際に読んだ本の中から、ラプラスの魔女シリーズのおすすめ小説を厳選して紹介していきます。

<スポンサーリンク>

ラプラスの魔女シリーズとは?

未来を予知できる少女・羽原円華

ラプラスの魔女シリーズのキーパーソンとして登場する謎の少女・羽原円華。彼女には未来を予知できる不思議な力があり、その特殊能力が事件にも大きく関わってきます

特殊能力×ミステリーという珍しい組み合わせで、読者からは「SF小説を読んでいるような気分に」といった声も!

第1作目『ラプラスの魔女』では、遠く離れた2つの温泉地で起きた硫化水素による死亡事故について描かれています

累計発行部数は120万部を突破しており、三池崇史監督、櫻井翔さん主演で映画化も!

第2作目『魔力の胎動』は第1作目の前日譚で、第1~5章からなる連作短・中編小説です。

本シリーズ(特に第1作目)はミステリー小説ではありますが、トリックを楽しみたい方よりもSF小説や科学小説が好きな方におすすめです。

ただ、人間模様や事件の裏にある背景はミステリーのように描かれているので、そうした点を中心に楽しみたい方は読んで損はないでしょう。

ちなみに「ラプラスの魔女」は「ラプラスの悪魔」からきており、天才数学者ピエール=シモン・ラプラスが全物質の力学的状態とエネルギーを計算できる知性があれば、その方には未来が見えているはずだと主張。また、そうした予知を行える方が「ラプラスの悪魔」と呼ばれるようになったのです。

主な登場人物

  • 羽原円華:天才外科医の娘。自称「ラプラスの魔女」
  • 甘粕謙人:一時期は植物状態でもあった青年
  • 武尾徹:元警察官。円華のボディーガード

シリーズ発売順

  1. 【2015年5月】『ラプラスの魔女』
  2. 【2018年3月】『魔力の胎動』

著者情報(東野圭吾)

小説家。1958年生まれ。大阪府出身。1985年に『放課後』で江戸川乱歩賞を受賞し、デビュー。1999年に『秘密』で日本推理作家協会賞、2006年に『容疑者Xの献身』で直木三十五賞、2012年に『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で中央公論文芸賞、2013年に『夢幻花』で柴田錬三郎賞、2014年に『祈りの幕が下りる時』で吉川英治文学賞を受賞。

関連記事

ラプラスの魔女シリーズのおすすめ小説

実際に読んだ本の中から、ラプラスの魔女シリーズのおすすめ小説を厳選して紹介していきます(ネタバレなし)。

『ラプラスの魔女』

出版社KADOKAWA(2018/2/24)
ページ数496ページ
ジャンル推理・ミステリー
受賞・候補歴
メディアミックス映画

不可解な事故死の真相に迫る

本作は温泉地で起きた連続死亡事故について描かれるミステリー小説で、犠牲者の一人は映像プロデューサーで、もう一人は売れていない俳優です。

2人とも硫化水素ガスにより亡くなっており、また映画監督・甘粕才生と接点があるという共通点も判明。

才生には娘の硫化水素自殺による事故で妻と娘を亡くした過去があり、息子・謙人も事故により植物状態となってしまいます(後に奇跡的に回復)。

本作には円華が特殊能力を発揮するシーンもありますが、硫化水素による死亡事故の裏に隠された真相も注目ポイントです。

まとめ

謎の少女・羽原円華が登場するラプラスの魔女シリーズは、これまでの東野圭吾作品とはテイストが異なっているのが特徴です。

特にSF小説や科学小説が好きな方におすすめで、人間模様とともにストーリーを楽しめようになっています。

本・書籍
\この記事をシェアする/
<スポンサーリンク>

※商品画像は楽天またはAmazonより引用しています。クリックすると、各販売商品ページに移ります。※価格は記事公開時点での表記となります。セール等により異なる場合がございますので、詳細は各公式サイトにてご確認ください。※U-NEXTに関するページの情報は記事公開時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Monotone Cafe(モノトーンカフェ/モノカフェ)